生徒に向けてのメッセ

生徒に向けてのメッセ (65)

2019/02/16(土曜) 18:49

高専入試前日…

勝平補習を終え、

泉教室に戻って怒涛の1時間半でした。

ここからは、

三者面談と受験生の質問対応をしながら、

明日がリミットになっているものを一気に進めたいと思います。

そして、いよいよ明日は秋田高専学力選抜当日です。

今年は推薦、学力選抜共に倍率が高くなっている高専ですが、

いつも通りの力を出してくれれば大丈夫。

なので、そんないっちゃんに激励を…


■いっちゃん
 
3年生になって通塾を開始し、迎えた定期での72点アップ。ポテンシャルも高くて、言われたことへの理解も早いいっちゃんだったけど、実力は我慢の時期が続いたね。でも、冬休みに入ってからその我慢の時期が一気に実を結んで、実力も模試も自己ベストを更新。そして、そこからまた努力を重ねてきた。明日のテストはいつも通りで大丈夫だからな。緊張して当然だけど、今日まで自分がやってきたこと、勉強に懸けてきた日々を思い出し、問題をよく読んで最後までやりきってくるんだぞ。そして…しっかり高専への切符を手にし、お前の真面目さとユニークさを発揮し、充実した高校生活を凄そうな!


今週に入ってからは、

「いよいよですね」と他人事のように話したり(笑)、

かと思えば

「緊張してきました」

と漏らしたり。


でも、

そういうのが全部経験!

発表の日に、

最高の笑顔になれるように、

頑張って来いよ!
★更新情報★

✓平成31年度新中学1年生に関して…
新中学1年生の中学入学準備講座は、講座定員に達したため1月末日をもって受付を終了させて頂きました。3月21日から始まる春期講習は改めて募集させて頂きます。詳細のご案内要項は近日中にHPに掲載予定ですのでもう少々お待ちください<(_ _)>

✓平成31年度新中学3年生に関して…
新年度に向けて、新中3生は定員を増席致します。既に体験授業を開始している生徒もおりますが、ご希望の方にはまずは無料体験を受講頂き、その上でご判断を頂いております。ご興味御座いますが方はお気軽にお問い合わせ下さい。現在通塾中の生徒さんも、「春期講習から」や「3月から」の転塾にも対応させて頂きますので、お気軽にご相談下さい。


★国立秋田高専学力選抜まであと9日!
★秋田県公立高校一般選抜まであと25日!

まずは、昨日の合格発表でまた新たに一人…

念願の高校への切符を手にしました。

進路選択では悩みに悩み、

そんな中で自分が何をしたいのか?

それを必死に考え、

親御さんと相談し、

そうして自分がやりたいことを必死に勉強することを固く誓って決めた志望校。

で、無事その高校へ合格。

本当におめでとう。

合格は決まりましたが、

昨日も変わらず真剣に勉強していましたが、

ここからの2ヶ月でより学力を高め、

高校生活をスタートできるように頑張って欲しいと思います。


今日も…

私立高校の入試が行われていますが、

みな必死に頑張っていることでしょう。

まずは今日の試験をやりきって、

帰宅後はまた「次」に向けて…

しっかり頑張っていきましょう。


で、今日の本題の前にもう2つ…

まずはお礼からです。

卒塾生みなみちゃん…

わざわざ後輩の為に有難うね?

授業やら授業後の面談やらで、

まともにゆっくり話も出来なかったけど、

ちゃんと後輩たちに渡すからね。

そして、自分の勉強も頑張れ!


で、もう1つです。

昨日は久しぶりにプチ噴火しました。

いや、本当に久しぶり(の様な気がしますが、気のせいか?)。

めっちゃ怒られた3名の2年生。

と、学生講師。

休憩時間だろうが何だろうが、

「程度」ってのがありますし、

そもそもここは塾です。

中学1・2年生は対策特訓で、

中学3年生は高校入試、そして高校での勉強に向け、

皆真剣に頑張ってます。

そういう「空気」を読めない子は、

この場にふさわしくないの強制帰宅してもらいました。

今日からは、

気持ちを切り替えて、

自身の言動を考えて、

やるべき行動を、

取るべき行動を、

心がけて欲しいと思います。



では、やっと本題です。

昨日も、先日届いたある卒塾生の手紙を紹介しましたが、

更にその10日ほど前に届いていた別の卒塾生からの手紙があったので、

本人に了承を取って、

ブログに載せます。

ので、受験生に是非読んで欲しいと思います。

ちなみに、

キャンパスのことを色々読めてくれていますが、

読んで欲しいのはそこではありませんので…










★私には頑張ってきた糧があること

★いつでも必ず見守ってくれる人たちがいること

★努力は必ず何かに繋がること

★辛いことや苦しいことを一緒に乗り越えた仲間がいること

★大嫌いな勉強を誰よりもやってきたと確信を持てた

★4月からはまた大好きな看護師のを仕事をします

★今では苦しかったことも、勿論楽しかったことも、全て私の宝物です。

★10年前の自分に教えてあげたいです。つらい勉強もやれば自分にとって一番の自身になるし、その努力が、その時周りにいた人が、いつか自分の味方になる。そして、それは一生ものになる。




これまでもみんなには伝えてきたつもりです。

目の前の点数にこだわる勉強をしよう。

結果にこだわる勉強をしよう。

そこにこだわること!


でも、

目的を明確にして、

必死に頑張っていると、

その過程で得られる経験が沢山あるんです。


「結果よりも過程が大切だ」というのは事実です。

が、

矛盾するようですが、

そうして「過程が大切」と声高々に叫ぶ人ほど、

過程を軽視しているということは往々にしてあります。


必死の努力して、結果を追い求めるからこそ、

その走り続けた日々を振り返ると「道」が出来ている…

その道を、過程と呼ぶんだと思います。


で、改めて14期生へ。

今は苦しいかもしれません。

辛いこともあります。

でも、

そういう中でもがきながら、

必死に頑張った日々は、

絶対に自分の糧になっていくんです。

そして、

その「もがき」は誰もが経験していることなんです。

なんで自分だけ…

そう思うこともあるかもしれませんが、

そうじゃない…

みんな通った道なのです。

だから、

今自分が経験していることは、

全て必要なことであり、大切なことであり、

みんなが経験していることなのだと理解し、

頑張って欲しいと思います。

頑張れ、キャンパス生!
さて…

明日も先週に引き続き私立入試は行われます。

どの子もやるべきことは同じです。

これまで勉強してきたことを、

学んできたことを、

しっかり出し切ってきてほしいと思います。


そして、明日の試験が本番となる生徒もいますので、

前日の激励を…

□IS
 
通塾を開始したあの日から…本当に色々なことがあったね。厳しい注意も何度もしたし、退塾について本気で話し合ったこともあった。それでも、お父さんやお母さんに励まされ、愛情一杯のサポートも受け、S自身も自分がすべきことを本気で考え、一歩ずつ前進してきたね。そして、そういう過程の中でSは逞しくなり、勉強も諦めず、しっかり最後までやり抜けるようになった。思い出してみてね?合宿も、講習会も、そして毎日の授業も…大変なこともあったけど、よく今日まで頑張ってきたよね?明日はそういう頑張りをしてきた自分に自信をもって、問題をよく読んで、最後まで集中を切らさずに頑張ってくるんだぞ?1問でも多く解けるように…毎回の授業と同じように、やりきって来い!
 
前日である今日を大切に使い、

やるべきことに全力を尽くして明日に備えましょう。



そして、もう1つ…

是非受験生に見せたいものが2つありますので、

今日と明日で1つずつブログ紹介したいと思います。

まずは、こちら…



おいおいR…

こんな素敵な手紙をわざわざ有難うね。

時候の挨拶までちゃんと書いて、

成長を感じさせてくれるね。

車…

好きだったもんな?

自分がやりたいことを真剣に学び、

社会に出てしっかり活躍できるように、

これからも頑張ってな。

中央に合格したのは、

キャンパスのお陰じゃないよ。

自分自身の頑張り。

そして、親御さんがしっかりサポートして下さったから。

中央高校で充実した3年間を過ごせたのは、

キャンパスのお陰じゃないよ。

自分自身が高校生活を真剣に過ごしたから。

そして、親御さんが温かく支えて下さったから。

で、そんなRだから、

これからの人生も充実したものにしていけると思う。

頑張んだぞ!



そして、今まさに高校入試を控えている14期生のみんな…

自分が望む高校に入学する。

勿論、

そこが今の第一目標。

でも、

そこでゴールじゃない。

高校生活を充実したものにし、

3年後にまた迫ってくる進路選択で、

自分が進みたい方向に進んでいけるかどうかが大事であり、

それは全て自分次第。

そして、

その高校3年間で、

その後の人生において、

粘り強く、

逞しく、

生きていく為に今があって、

この高校入試での経験がそこで活かされていくと私は信じています。

事実、私がそうなので…


だから、

充実した高校生活を想い描き、

今の悩み、苦しいこと、

そういうのが全て「経験」になるのだと信じ、

ラスト26日、ラスト10日をやり抜いてほしいと思います。

頑張れ、14期生!
★更新情報★平成31年1月9日更新情報
2月から開始の準備講座、新中3追加募集のご案内及び学童スクール新年度生の募集案内はこちらをご覧下さい。

★秋田県公立高校前期選抜前日!
★秋田県公立高校一般選抜まであと35日!



週が変わり、あっという間に1月最終週になりました。

そして、明日はいよいよ前期選抜です。

明日の試験に挑む勝平教室生には、

土曜日の勝平教室補習で思うことを伝えました。

一人ひとり非常に良い表情で話を聞いて蹴れていたので、

しっかりやりきってくることでしょう。

そして、泉教室の受験生も…

今日は前日で最終授業になりますが、

やることは同じです。

前日もしっかり勉強して、

入試本番に向かっていきましょう。


では、明日の前期選抜に挑む14期生へ…


■S・N
通塾開始前…定期テストの点数も勉強へのやる気も、今だから言えるけど本当に厳しかったね(笑)。入塾に関しても色々と相談し、話した上での通塾開始だった。でも、Nはそんな中でもあの厳しい部活動を続けながら、塾との両立もしっかり頑張ってきた。だからこそ、欲を言えば「もっと」とも思うけど、定期でも入塾前の倍の点数を継続的に取り続けてこれた。これはNの頑張りがあったからこそ出来たことだよ。明日は、今の自分のベストをしっかり出し切って、合格して、花園で躍進できるように頑張るんだぞ!1問1問落ち着いて解いてこい!
 
■Y・M
最後に14期生に加わったM。一緒に勉強してきた期間は5ヶ月足らずだけど、それでもMは先生に言われたことをしっかり実践し、学力向上のために一所懸命に頑張ってきたね。そして、この5ヶ月の間一歩ずつ前進し、着実に力もつけてきた。入試が近付いてきてからも伝えて来たけど、あくまで「前期」だけでなく「一般」を見据えて勉強もしてきたし、その過程で学んできたことを出せれば明日は自ずと結果も出るからね?明日の試験では、問題をよく読んで、今の自分に出来る「ベスト」を答案用紙に置いてくること!いつも通りに頑張っておいで!


今まで何度も言ってきました。

120%!

なんてものはありません。

そして、

テストというのは本当に細かなミスや問題の読み落としで10点、20点の上下が起こってしまいます。

大切なのは、

いつも通りの自分で、

いつも通りの力を出せるように努めること。

そして、

いつもいつも祝われてきたことを、

1つ1つ丁寧に実践すること。

それだけです。

今日まで頑張ってきた自分の頑張りを信じ、

いつも通り頑張っておいで。



GOOD LUCK !

いよいよ、明日14期生の高校入試が幕を開けます。

体調面での心配も大丈夫!

がっちり握手をして送り出したので大丈夫!

★TRへ
1年生の頃から、本当にコツコツと頑張り続けてきたね?そして、そんな頑張りを続けられたのも、TRを愛情いっぱいに支えてきたお父さん、お母さんがいたからこそだったね?勉強のやり方に関して厳しい指摘をしたこともあったし、テスト直しノートにも色々指摘して、その都度TRは必死に前を向いて頑張ってきたね?そして、明日の本番を控えた今日…実力テストで過去最高の順位を記録出来た。これは偶然じゃないよ?頑張ってきたから、努力を続けてきたからこその必然。明日は、そんな今の自分に最高の自信をもって、しっかり頑張ってくるんだよ?そして、入試後は…合格を信じ、その先にある高校入学後の3年間を見据えて、また頑張っていこう。

いつも通り、

落ち着いて、

頑張っておいでよ!

 
2018/10/03(水曜) 14:22

勉強以外の面について

出社後、バタバタとこなすことが入ってきて結局今に至ります。

あぁ、時間が欲しい…

さて、今日は手短に表題の件について。

昨日の状況を見ていて、

✓学年問わず、自習後、授業後の机上が非常に汚い

✓授業中の発言で、私にもその場にいる子にも聞こえない声で発言する

✓挨拶すら出来ない

こういう状況が目につきます。

勉強は大切です。

が、

もっと大切なことが沢山あるはずです。

中学生だから…

思春期にある子だから…

そんなの関係ないと思います。



私は何も大人や親が言うことに、

「はい!先生!!」

「はい!お母さん!!」

そんな対応をしましょうと言っているわけではありません。


最低限、

✓自分が使った場所は綺麗にする

✓相手やその場にいる人に聞こえるボリュームで話す

✓挨拶する

このくらいは、当たり前に習慣化されているべきことと思います。


それすら出来ないのに、

合同の証明が出来るから何?

接続詞を理解しているから何なの?

私はそう思います。


人は一人では生きていけません。

たまに…

どうしてもつらいことがあった時。

どうしても悲しいことがあった時。

そういう時に元気が無くて、

どうしてもということがあるのは良いと思うんです。

でも…

特に中学2年生。

これまでも何度も何度も言ってきましたが、

授業中の発言もやたら声が小さい。

挨拶すらまともにせずに入退室をする。

そういう子が少なくありません。

加えて、他の学年の子は…

授業中のプリントを渡されただけで

「有難う御座います。」

と普通に言う子が多い中、

2年生だけ極端にそれを言える子も少ないです。

別にそう言ってほしいわけではないんですが…

昨日は授業後に個人賞該当者にはプレゼントも渡しましたが、

その時にも「有難う御座います」すら言わず、

片手で取っていく子もいます。


そして、思うんです。

定期テストの点数は取れてる。

でも、

君はそれで良いの?

と。

ありがとう。

頂きます。

ごちそうさま。

おはよう。

おやすみ。

ごめんね。

親であれ、兄弟であれ、友人であれ…

それくらいはちゃんと言えるべきじゃないのか?

そう思うんです。



以前にも書きましたが、

6年生にはわざわざミニほうきとミニちり取りのセットを持参し、

机の上を片付けて帰る子がいます。

※みんなそうして下さい!ってことでは決してありません。

退室時には、

わざわざ先生を探して、目を見て挨拶をして帰る子もいます。

※繰り返しますが、みんなそうして下さいってことではありません。


でも、そういうのが当たり前になっている子がいるということ…

それはみんな知っておくべきと思います。


勉強は大切です。

絶対に。

ただ、それは己を磨き、

小学生・中学生なら学ぶことの本当の楽しさを理解して自分を高め、

その上で自身の将来の選択肢をも広げていく手段だからです。

でも、

勉強さえ出来れば良いわけじゃありません。

勉強が出来れば偉いわけじゃないし、

勉強を頑張っていればなんでも許されるわけじゃありません。


もう少しそういうことを…

知って欲しいなと思います。
まずはお礼からです。

卒塾生るかママさん…

わざわざのお気遣い、申し訳ございませんでした。

本日登塾する子どもたちに配らせて頂きます。

温かなお心遣い、心より感謝致します<(_ _)>



さて、それでは表題の件に関して。

今日で秋田県の高校入試一般選抜まで170日となりました。

今年度の中3生、14期生は、

春の時点でここ数年の受験生の中ではかなり点数的にも厳しい状況でした。

「も」というのは、まぁ日々の授業においてもCTの合格率や宿題の状況もやはり芳しくなかったからです。

加えて…

14期生は中総体までの期間も、

これまでここ数年…

いや、もしかすると13年間の中でも最も自習参加が少ない状況でした。

それ故、6月の中総体までは以下のようなことを日々繰り返し伝えていました。

自習に来れば良いってもんじゃない。

自習に来さえすれば、成績が、点数が上がるわけじゃないから。

でも、

そもそも自宅でやれてないってのは、

話にならないからね?

問題外。

でも、毎回のCTの状況から判断すると、

自習の参加率と合格率にかなり相互性が見て取れるんだよね。

一部の子を喉いて。

だから、やれないんだったら、

まずは「勉強する」という環境に身を置くために、

塾に来て自習するしかないんじゃないの?


それでも…

中々改善しない状況に私自身焦りも感じながら、

「今年こそは、何とかこの子ら自身の気付きを促し、そこから行動に結び付けさせたい」

という、自分で決めたことを守り、

それが最終的には「1月以降の伸び」に繋がってくると信じて、

出来る限り強制力を働かせないように言葉を飲み込んできました。

※これでも、です(笑)当事者である14期生は相当言われていると思うでしょうが、確実に過去にないほど強制力を排除しているんです、これでも(笑)



で、そんな14期生が徐々に本当の受験生になり始めたのが夏期講習からでしょうか…

まず、口火を切って走り始めたのがM、そして同じ中学のH。

Mに関しては中総体後、ガラッと変わりました。

※その前から「予兆」はありましたが。

そして、これまでもコツコツ頑張ってきたHは、

淡々としているけど、

本人が感じている危機感が徐々に大きくなり、

それが勉強に向かう気持ちに繋がってきたという状況でした。



そこからは、

そういう2人が起こしてくれた「火種」を消さないように…

私自身は(これでも)細心の注意を払いながら、

手を変え、品を変え…

14期生が受験生としての自覚が出てくるように接してきました。

で、話が戻りますが…

それがやっと形になってきたかな…

と思えたのが夏期講習中盤頃です。

※形になったというのは「スタートラインに立った」というのが私の捉え方です。

その後定期があり、実力があり…

集計がもう少し残っていますのでまだブログではオープンにしていませんが、

ある程度結果は判明しました。

中学1・2年生に関して言えば…

学年1位、2位もどちらの学年にも複数いますし、

一桁順位もまぁまぁいます。

平均点が大きく下がる中で、

全体としてもまずまずの結果だと言えると思います。

※全員アップになっていないという時点で、反省点は無限にあるわけですが。

で、3年生です。

まぁ見事に普段の姿勢が結果に直結したと言えるでしょう。

特に定期は。

修正すべき点を毎日毎日言い続けても、それを修正しなかった子はそういう結果になっています。

それに対して、

「まぁ、この子は上がるでしょ。」と思っていた子は、軒並み結果を出しています。

圧倒的な過去最高順位だった子もいれば、

初めて450点、460点を超えてきた子もいます。

ただ、実力は…

そんな簡単にはいきません。

これも、4月からずっと言い続けてきたことです。

その理由は何度も何度も子どもたちに伝えているので割愛します。

加えて…

仮に今回の実力が良かったからと言って、

次の実力も上がるとは限らないし、

それが入試の結果に直結するわけでもないんです。



さて、何が言いたいのか?




歩みを止めるな!




ってことです。

昨日もある受験生と話をしました。


頑張ってる!

のに、結果が出ない。

そう思ってんだよね?

いや、分かるよ、頑張ってるのは。

でも、見てみてね?

この教室の中にいる受験生は、みんな頑張ってるよね?

のに、結果には差があるよね?

それは、

タイミングに出るのは個人差があるということが1つ。

そして、

頑張るって言っても、それが継続的に、目的に沿った努力でないと意味がないってことが1つなんだよね?

あとね…

先生も大学入試の時には毎日泣きながら勉強してたんだよね。

マジで。

本気で毎日泣いてた。

つらくて。

でも、それでも絶対に入りたい大学があったから、

諦めるってことは無かったんだよね。

あと、自分で言うなって話だけど、

確実に先生が通っていた高校の中では1番勉強してた。

部活を引退してからの最後の半年は。

これ、絶対。

でさ、○○は今「絶対にこの教室の中で私が一番やってる!」って断言できる?

まずはそこからじゃない?

上げたいなら、

他の子を追い越したいなら、

そいつらよりやるしかないっしょ。





そうなんです。

結果が出るまで努力を続ければ、

結果が出ないということ自体あり得ないわけで。


やっているからといって、

そんな簡単に結果が出るわけじゃないんです。

※出る子もいますが、それを個人差と言います。

筋トレだって同じ。

たかだか数週間で何かが変わりますか?


何で私は毎日頑張ってるのに、全然うまくならないんだろう…

そう呟いている子がいて、

でもその「毎日」がたった数週間のものだったとしたら、





あたりまえだっちゅーの!





って突っ込みませんか?

そういうことなんです。


折角踏み出した一歩を、歩みを止めてはいけません。

しっかり足元を見て、

一歩一歩を確実に進んでいくことで、

あんなに遠くに見えていた目標物が、

いつの間にか目の前になっていたりするんです。


歩みを止めてはいけません。



ということで今日も頑張っていきましょう。
★平成30年度夏期講習泉教室のご案内はこちらです。
☑小学5年生は残席2席となりました。ご検討中の方はお早めにお願い致します<(_ _)>
☑泉教室中学部は全学年募集を停止させて頂いております。


★平成30年度夏期講習勝平教室のご案内はこちらです。
☑中学3年生は残席わずかとなりました。ご検討中の方はお早めにお願い致します<(_ _)>

★学童スクール夏休み短期利用ご案内はこちらです。



まずは、Tせーお母様。

先ほどはわざわざのお気遣いありがとうございました。

是非学童の5・6年生の保護者様にもアナウンスし、

希望の子がいたらご一緒させて頂きたいと思います。



さて、表題の件です。

昨日は道場部(&中3個別、小6振替)の授業&中学1年生の一斉授業が私の担当でした。

道場部生は…

癒しです。

とにかく癒されます。

数年前と明らかに違うのは、

我が子と同年代であるため、

その子の家庭生活や学習に費やせる時間…

そういったものをよりリアルに考えながら宿題を出したり、

子どもに訪れる「壁」を踏まえて指導が出来ているということです。

これ、本当に大きいです。

私の中で。

単純に「塾での授業や宿題」だけの関りではなく、

親御さんの葛藤を当事者として共有できる…

いつまで経っても経験、勉強だな…と毎日感じています。


で、その後の夜の中学1年生です。

とりあえず、昨日で殆どの生徒のテスト結果が判明しました。

※まだ順位を報告していない子もいますので、その子たちの順位は分かりませんが。

昨日も書きましたが、

まずまずの結果だったと思います。

ですが…

昨日の授業のCT…

散々な結果の子が半数程度いました。

内容は方程式の計算です。

確実に、

どの子もやれば出来る内容です。

なのに…

やっていない。

生徒にヒアリングしても、

やっていないんです。

何のための対策特訓だったのか?

対策特訓期間に自分自身が感じたはずの、

「もっと毎回のテスト勉強もしっかりやっていれば…」

という想いはどこへ行ってしまったのか?

それでは、

今回のテストが「経験」になっていないんです。

一時の感情…

そうなると、

確実に1ヶ月後に同じ状況が待っています。



今回のテストでは、

まずは自分の目標を達成した。

それを自信とするのは良いでしょう。

でも、

過信にしてはいけないのです。



自信は自分の「次」への原動力になります。

過信は自分の「次」への推進力を0にしてしまいます。


謙虚に…

あくまで、

目の前のこと1つ1つを大切に…

そういう姿勢で頑張って欲しいと思います。


昨日の数学では一次方程式の利用問題に入りましたが、

やはりと言いますか…

躓く子は見事に躓いていました(-_-;)



問題文を読めない。

文章を理解できない。

文章を式にすることが出来ない。

式の単位を質問すると間違える。



で、そういう子に共通するのは、

問題文に印をつけたり、

スラッシュで区切ったり、

文章の中で立式に必要なエッセンスを抜き取ることが出来ない…



まぁ、

早い話が「国語」です。

※論理的思考力の欠如とも言えますが。

だから、

全部たとえ話に変えて話をすると、

そこからは立式できてしまう…

まずは、

昨日言われたことをしっかり出来るかどうかです。

今回の定期テスト、課題テストの結果を自信に変え…

今回自身の思うよな結果に届かせられなかった子は、

その悔しさを次への原動力に変え…

またここから一歩ずつ頑張って欲しいと思います。




学年問わずですが…

私も佐久間も燃えてます。

次の定期に向けて。


まだまだ出来る。

もっともっと出来ることがある。


でも、それをするのは塾生自身ですから、

生徒自身の頑張りを引き出せるよう、

指導に努めていきます。



ということで今日も頑張っていきましょう!
【県内初の学習塾併設型学童保育学童スクールキャンパスについて】
学童スクールの公式FBページはこちら

【学習塾キャンパス21更新情報】
①定員について…
 平成30年度中学部は全学年定員となりましたので募集を停止中です。小学部生は随時無料体験を受講頂けますのでお気軽にお問い合わせ下さい。
 ※中学部の「空席待ち予約」はお受けしておりますので、お電話にてお問い合わせ下さい。
②平成30年度高校入試結果について
 平成30年度高校入試結果は
こちらです。



月曜、火曜日は中学1年生部の個別指導日です。

こちらは「伝えた」と思っても、

伝わっていなければ意味がないので大切なことは何度も伝えるようにしています。

で、先週も…

中学1年生の授業サイクルで考えると、

個別の宿題は出来るだけ一斉の木曜日までに終わらせるように努めるんだよ?

と言ったにも関わらず、

昨日も宿題未完了の生徒が複数…

で、そういう生徒に共通しているのは


個別指導の前日に、

一気にやっている



ということです。

そう…

私が「こういう勉強は駄目だよ?」と言っている勉強です。

当たり前です。

個別指導を終えて直ぐやれば記憶にもある状況でやれるのに、

「来週の個別迄まだ時間があるから」と余裕をぶっこいて、

そして気付けば1週間が経過し、

翌週の個別指導前日(当日という子もいますね)になっている…

で、やろうとすると…

1週間経過しているので折角やった内容を忘れている子も複数いるでしょうし、

無理して焦ってやって、

分からない所をじっくり考える時間なんてないし、

兎に角時間に追われているので〇つけも超適当…

だから、

間違えている問題にバンバン〇が付いている…

※今週の個別指導の報告でも、見事にGW課題で適当な〇つけをやっていたこと個別で適当な〇つけをやっている子が合致しています。今気付いて修正しないと、その「ツケ」は全て自分が払うことになりますよ…

で、個別指導講師もそこには細心の注意を払っているので、

そこを指摘されてやり直し…

で、思うんです。


だから、最初からしっかりやれば良いのに…


当然、これは中学2・3年生にも言えます。

この負のサイクルに陥っている子はどんどん宿題に追われるようになっていきます。

ちなみに自塾の宿題ですが、

塾生は「宿題が多い」と感じている子が多いようですが、

私の中では「超普通、中学生がやるのに当たり前」の量です。

目安で言えば1日1ページくらい…

英数2教科やって、標準的な子で恐らく集中してやれば40分~60分位だと思います。

中学生が毎日40分~60分の塾の宿題…

多いですか?

※GW等の長期休塾期間の課題は別です。もう少し時間がかかるようにしています。

多くないです、絶対。

そして、1つ1つの単元を出来るようになりたいのなら、

必要な演習量です。



ですから、現状「個別指導直前(前日や当日)に前回個別の宿題を一気にやっている子…
絶対に改めるべきです。

計画表を作るなり、

メモでも良いからToDoリストを作成したり…

そういうことをせずに「出来ません」と口にするのは、

やろうという気持ちの欠如でしかありません。

小学生ですら、

数回分の宿題を溜めてしまったのに、

こんな簡易メモを渡して「ちゃんとやってくること!」と言えばやってきます。


※と、口で言うほどそんなに簡単ではなく、かなり苦戦してやっとここまで来たわけですが(-_-;)


また、中学生も宿題未完了が続いている子や必要性を感じる子には計画表を用意していますので、

そういう生徒はちゃんと自己申告して貰いに来てください。



自塾の一斉と個別のミックススタイルは、

効果を最大限に出していくには学習のリズムが大切です。

それを実践できている子はやはり安定して上位にいるか、成績も上昇していますし、

それが出来ていない子は停滞しています。

そういう意味で、

個別指導の宿題を、翌個別指導直前にやっても効果は半減されるのです。

すべきことを考え、

修正すべきを修正し、

普段の学習をより実り多きものに出来るように努めていきましょう!
【県内初の学習塾併設型学童保育学童スクールキャンパスについて】
学童スクールの公式FBページはこちら

【学習塾キャンパス21更新情報】
①定員について…
 平成30年度中学部は全学年定員となりましたので募集を停止中です。小学部生は随時無料体験を受講頂けますのでお気軽にお問い合わせ下さい。
 ※中学部の「空席待ち予約」はお受けしておりますので、お電話にてお問い合わせ下さい。
②平成30年度高校入試結果について
 平成30年度高校入試結果は
こちらです。



まずは、昨日の中学1年生部保護者会第1弾にお越し頂きました保護者様方…

悪天候の中わざわざお越し頂き、

本当に有難う御座いました。

昨日お話させて頂きました通り、

今年度も指導に尽力させて頂きますので何卒宜しくお願い致します。


さて、表題の件です。

度々ブログにも書いていますが、

秋田県の中学生の部活動の終了時間は本当に遅いです。

総体前の1ヶ月位は、

それこそ19時30分とかまで部活をやっているところも普通にあります。

そうすると、

そういう部の生徒が登塾するのは20時どころか、

21時近くになる子もいます。

で、それに対してどうこうということは無いです。

あまり。

※本音を言えば、1年生が部活から大きな荷物をもって直接来て授業に参加している子が複数いるのに、2・3年生はそういう意識の子が皆無というのはちょっと思う所はありますが。

だから保護者会でも、

この期間(=中総体まで)は開始を遅らせているので、

20時までには登塾出来るようにご協力をお願いします

とお願いしました。

※中学2・3年生のみ。1年生は「開始時間に何とか間に合わせる」という意識で皆登塾してくれているので特に昨日も話はしていません。併せて、その気持ち、その意識をこれからも大切にして欲しいと切に願います。

一人ひとり状況は違うと思いますが、

少しでも早く登塾出来るように努めて欲しいと思っています。



で、今日の本題はそういう遅刻した生徒についてです。

昨日の個別指導の報告でも数名いたようです。



そこは部活で参加が遅れたので授業を受けれませんでした。

だから、ワカリマセン。



はい、でました。

私が最も嫌いなやつです。

何で「部活で授業参加が遅れたから」というのが「分からない」の理由になるのでしょうか?

授業で参加が遅れた…

なら、居残りでその参加できなかった分をやって帰るべきじゃないんですか?

なら、授業掲示板を見て、自分でやってみるべきじゃないんですか?

授業掲示板には板書も載せているわけですから、

解法のポイントも板書を見れば分かります。

なのに、

そういう「出来ること」もせずに、

部活で遅刻したことを正当化するかのような発言はどうなんだ?

私はそう思います。

率直に。

だって、学校だってそうでしょ?

病気で3日間休んだら、

休んだ日の分はやらなくても良いんですか?

その3日間で進んだ内容が分からないなら、

自分でフォローする為に動くべきじゃないんですか?

勿論すべてを自分でやりなさい!

なんて言ってません。

どこをやったのか?

何をやったのか?

それだって分かるようにしていますし、

繰り返しますが板書だって見れるようにしています。

次回のテスト範囲だって伝えていますし。

なのに…

それをやりもせずに


部活で遅刻したから


を理由にするな!と。

私はそう思うんです。


正しくは、

部活で遅刻したのにやるべきことをやっていなかったのでワカリマセン…

こうだと思うんです。


加えて…

部活は自分が好きでやっているはずです。

欲しいものと必要なもので例えるなら、「欲しいもの」です。

でも、勉強は「必要なもの」です。

中学生にとっての本分であり、

中学生が一番大切にすべきことなのです。


改めるべきです。

考え方を。

絶対に。


でないと、

社会に出てからも同じようなことを言うのだと思います。


☑3日間休んだからその仕事は終わっていませんが、何か?

☑3日間旅行に行ってたので、その間起こったことは私には全く関係ないと思うのですが、何か?





とか。

私が同僚だったらこう言い放ちます。





































知らんがな!




























休みだったのはお前の都合だろうが。

自分で果たすべき責任があるだろうが。

世の中、お前中心に回ってねぇんだよ!

と。

※口が悪くてごめんなさい<(_ _)>




ついでに言っとくと…

ちょうど昨日の保護者会でもそういう話をしましたが、

現中学1年生…

昨年(小学6年生)の時点で

授業を休む際には授業でやる場所(ページ)を事前に私に確認し、

自主的にやるべきことをやり、

授業を欠席しているのに確認テストもしっかりと合格するという子が複数いました。

※それがあり、何でもかんでも振替指導をするのは今年は止めようと思っています。

小学生でも出来ることなんです。

なのに、

休んだ分は自分でカバーする

という…

それすら分かっていない中学生もいるわけです。

改めるべきです、考えを。

そして、今後も部活を理由にやるべきことをやっていないことを正当化する場合、

私にこう言われると思って下さい。

































じゃ、部活やめたら?
1 / 5 ページ
スマートフォン解析