息子よ・・・

息子よ・・・ (25)

2018/12/08(土曜) 11:38

なるほど…

★更新情報★平成30年11月23日更新情報

平成30年度の冬期講習及び新中学3年生の追加募集、及び平成31年4月入学の新中学1年生の入学準備講座、31年4月利用開始の小学生対象放課後児童支援学童スクールのご案内を掲載しました。
ご興味御座います方はこちらをご覧下さい。

※学童スクールのご案内はこちら、学童スクール開設に至る経緯はこちらです。


今日は土曜日。

これから勝平教室の補習に向かいますが、

その前にちょっとだけブログを…

毎年この時期にわが家の子どもたちが通う保育園の発表会があります。

で、今年は今日がその日でした。

私は補習もあるので発表会の見学を途中で抜けて、

※とはいえ、ほぼわが家の子どもの出番は終わっていたので

先ほど教室に入ってブログを書ているナウですが、

そんな今日の発表会…

私は1つの謎を抱えたまま参観に行きました。

3女はまぁ…

まだ1歳なので、観衆の親御さんたちは笑顔で許される段階。

で、問題は次女です。

わが家の次女は、

大きくなるにつれて、

「私は将来サーモンになりたい…」

と言い放った長女以上の「大器の片鱗」を見せています。

いや…

厳密には既にこの頃からそういう「におい」はしていました。






泥棒ですわ。

そんな次女ですが、

今日の発表会ではさるかに合戦のミニ劇をやる予定だったのですが、

彼女の配役は…




































うす






















なぜ?

本人に聞いても教えてくれなかったんです。

今日まで。

だって…

多分さるとかカニだったら、

可愛い衣装とか着て…

そういう感じじゃないの?

って思ってたんですが、

今日の発表会を見て納得しました。

最後の最後…

「うす」さんは跳び箱に飛び乗って、ジャンプで降りる

という見せ場が用意されていました。




あぁ…これか。





これをやりたくて、

衣装とかかわいいダンスとかよりも、

「うす」を選んだのか(笑)

オモシロイデスネ、子どもって。

兄妹(というか兄妹【ケイマイ】)でも本当に全然違う。

恐らく長女は…

絶対に「衣装とダンス」で選ぶ。

それに対して、次女は、

「とにかくやりたいこと」で選ぶ。

そして、どちらかというと行動も考え方も男前(笑)。


まぁ、そうですよ…


みんな可愛い衣装を着ている中で、

はっぴを着て、

「はっ!はっ!」と男の子に混ざって「突き」をして、

跳び箱に突進して(笑)。


まぁ、これでちょっと気になっていた謎が1つ解けたので、

スッキリした気持ちで今日の仕事に取り組もうと思います。

おし…

がんばろ!










たった今小学校の参観から戻りました。

塾生やスクール生の保護者様にもお会いしたり、

塾とは違って完全に第3者として参観できる場で和ませて貰えたりと、

非常に有意義な場でした。

が、1つだけショッキングなことが…

長女のクラスは自己紹介でした。

1年生ですから、みんな元気に自己紹介をしていきます。

自己紹介は項目も決まっており、

☑好きな本

☑好きな動物

☑好きな色

☑好きな遊び

☑好きな食べ物

名前を述べた後にこの5つを発表するというものだったわけですが…

我が娘…

つい最近までは

「好きな食べ物は?」と聞かれれば、

即答で

サーモン



砂肝

と答えていました。


サーモンに至っては、

将来何になりたいの?

という問いに対しても、

サーモン

と即答するレベルだったのです。

将来の夢はサーモンになること…

そんな健気な女の子だったのに、

なのに…

彼女の順番になって彼女は順番に発表していきました。

好きな本はぐりとぐらです。

好きな遊びは鬼ごっこです。

好きな食べ物は…









































パフェ






























です。


はい、私は心の中で大声で叫びました。























































嘘つけ!








































いや~…

そりゃあね…

周囲の子が、好きな食べ物は

ぶどうです。

とか

イチゴです。

とか

アイスです。

とかとか…

そんな中では言えないか…

女の子が

砂肝です!

とか

サーモンです!

とかは。

毎日の生活の中で、

「女の子になってきたな~」

と感じることは多々あれど、

今日の彼女の発言からは「女の怖さ」も感じました(笑)

いや~…

良いと思うんだけどな~

好きな食べ物はアイスです!

とかいう女子より、

砂肝です。

とか

焼き鳥です。

とか、

あん肝です。

とか…

私だったらその発言を聞いただけで一撃で落とされますわ(笑)


でも、こういうのも…

女の子の父親はきをつけないといけないんだろうな~…

「パパ無神経だから嫌い!」とか言われんのかな~…

とか考えながら、

二人で歩いて塾まで戻ってきたのでした。

さて、、、

真面目に仕事しよう。
おはよう御座います。

あっという間の冬期講習10日目です。

年末年始も1日も休むことなくテスト勉強に励んできた中3生も、

昨日の為塾はお休み。

よって、私も冬期講習期間唯一の休みを挟み、

今日からは全学年の冬期講習が再開となります。



そんな昨日ですが…

わが家の3女の誕生日でした。

例年、冬期講習期間唯一の休みが4日です。

※秋田はこの日が市内一斉の実力テスト実施日の為

そこでピンポイントで生まれてきてくれたので昨年も立ち会うことが出来ましたし、

今年も誕生日に一緒に過ごすことが出来ました。

しかし…

早い…

本当に早いです。

まだつたい歩きですが、

動きも活発になってきましたし、

何よりも食欲旺盛(笑)



親として…

我が子に対して幸せを望むが故に、あれこれ願いたくもなります。

が…

毎日健康に、元気に、笑顔で過ごしてくれていることこそが何よりの幸せであるということを、

忘れてはいけないよなと…

昨日から風邪気味の私の体調不良を通して感じております(苦笑)。



そして、昨日は…

私の「秋田の父」がいる大仙市(旧太田町)に行ってきました。

人は一人で生きていけない。

自分で「一人で生きている」なんて思うのなら、

それはとんでもない驕りだよ。

だから、

まずは家族、親族は絶対に大切にしないといけないよ。


これは私の師匠が教えてくれた言葉ですが、

その通り…

私自身も含め、わが家全員がお世話になっている大切な親族に年始の挨拶に伺ったわけです。

同年代(といっても学年で3つくらい上)のハトコが沢山いるので子どもたちも大喜びで、

楽しい時間を過ごさせて頂きました。

で、ついでに…

今シーズン1回目(といっても、行けてもあと1,2回でしょうが(笑)の「山」にも…

朝でかけ、

昼に親せき宅に伺う前に大台スキー場に行ったのですが、

もう…


















最高!

























これに尽きます。










去年からボードを始めた息子を、

初めてリフトへ乗せ...

で、とにかく「転んで考えて練習せよ!」という親の教育のもと(笑)、

彼なりに必死に練習していました。

私は彼のお供がメインなのでまともには殆ど滑れませんでしたが、

最後に1本だけ…

景色を楽しみながら、

子どもを気にすることなく、

滑ってきました。

受験生の代わりに。

大台スキー場は初めて行きましたが、

とにかく天気が良かったので景色も良く、最高でした。

子どもが練習するには丁度いい感じのコースなので、

行ければもう1回…

今シーズン何とか連れていってあげたいなと思いました。


ということで、

今日から11日までは再びノンストップです。

1つ1つの授業を大切に…

そこだけ忘れることなく、

今日も楽しくいきたいと思います。

★キャンパス21の冬期講習のご案内こちらでご覧頂けます。ご興味御座います方はご検討下さい。

★ブログ内に「学童スクールキャンパス21」専用のカテゴリを設けました。学童開所に至る経緯や詳細情報等を随時更新して参りますので、ご興味御座います方は是非ご覧下さい。
《更新情報》
☑12月7日更新 学童スクールの費用(仮)を公開しました。
☑12月17日(日)第1回学童スクール説明会の様子、Q&Aを更新しました。


冬期講習を控え、その準備を進めながら並行して冬休み以降の授業計画を進めながら…

今日はこの後打ち合わせを挟んで、

一気に超集中で中1の授業案を進め、

今日で完成までもっていく予定の確定です。

時間を有効に使っていきたいと思います。


で、今日は余談なわけですが、

昨日...息子が学校から帰宅して(と言っても塾に帰ってくるわけですが)、

テストを出してきました。

のが、これ。

 


 


おいおい(笑)

真剣なのか、採点する先生の笑いを取りにいったのか(苦笑)

どこをどうみたのか?

というよりも、恐らく絵をちゃんと見ていない結果であろうこの答え。

「なんでこれロケットって書いた?(笑)」

と尋ねると、

やはりその解答も的外れ(笑)

彼なりに一所懸命に言い訳しているのですが、

言い訳になっていないわけです。

で、私はそれを1つずつかみ砕いて話を聞いていくわけですが、

まぁこうやって国語力の土台になる会話力を磨いていくしかありません。

あと、語彙力と笑いのセンス(笑)

で、改めて思います。




親は焦ってはいけない。




いや、本当に。

このロケット間違いによるマイナス10点での90点をどう考えるのか?

私は本気で「良い勉強」だと思ってます。

算数の計算では要領を掴んでガンガン進んでいける彼も、

国語では躓きが多い。

字も雑だし、何故か「月」も左に全体的に曲がってしまう。

何度書かせても(笑)

自分が書いたものをなぞらせて、

そのまま自分で書かせても曲がる曲がる(笑)

加えて、読解や文章作成もです。

つまづきながら、その都度修正しながら。

でも、そういう1つ1つの課題をクリアして、前進していくのが成長なのだと思います。

そして、その都度何かしらの達成感を感じながら、

最初は苦手だと思っても、

※恐らく彼にはまだそういう意識はないでしょうが(笑)

ちゃんと対処すれば克服できるんだということも、

実体験で積み重ねさせていけば良いのかなと思います。

いや、しかし…

我が子の勉強でつくづく感じますが、

性別による差は大きいですね…

1つの物事でも着眼点が違う。

結局のところ、そこが国語力の成長速度の差に繋がっているのかなと思ったりします。

多分…

息子の国語力も時間の経過とともに勝手に成長してくる面もあるでしょうし。

※とはいえ、親として突っ込むべきところに手は突っ込みますが。


ということで、

焦らずに、でもしっかりと、じっくりと軌道修正をかけながら…

彼の成長をサポートしていかなければならないなと思った次第です。


しかしな…

あれがロケットか…

語彙力よりも笑いのセンスだな…

※ちなみにわが家の場合、長男の笑いの支障は志村けん。長女と次女の笑いの支障はミスタービーンです。
2017/12/09(土曜) 12:13

最後の発表会

★キャンパス21の冬期講習のご案内こちらでご覧頂けます。ご興味御座います方はご検討下さい。

★ブログ内に「学童スクールキャンパス21」専用のカテゴリを設けました。学童開所に至る経緯や詳細情報等を随時更新して参りますので、ご興味御座います方は是非ご覧下さい。
《更新情報》
☑12月17日(日)11時から、学童スクールの説明会を開催します。詳細はお問い合わせ下さい。
☑12月7日更新 学童スクールの費用(仮)を公開しました。


まずはお礼からです。

Sらママさん…

温かな、ユーモアのある(笑)お気遣い有難うございました。

めっちゃ良いことありそうです(笑)

受験生に「福」のお裾分けをしようと思います。


そして…

13期生同様に、今まさに人生の岐路に立ち頑張っている10期生から、

また嬉しい報告が届きました。

先日来てくれたジャポンの筑波に続き、

今度はたいせーが早稲田に合格したとわざわざ報告に来てくれました。

しかも…

「俺、本当にここに通って良かったです!」

なんて言ってくれるわけです。






























泣くわ!

























これで秋田高校に進んだ2名の進路とスキーヤー大貴の進路は決まりました。

※私が知っている範囲では。

この後続々と決まっていくことと思いますが、

とにかくみんな…

前を向いて、地に足付けて頑張れ。

しかし、10期生は本当に濃いメンバーだったので、進路も楽しみです。

恐らく、

本気で東京五輪でメダルを狙いに行く子もいます。

前期で遠方に行ったあの娘はどうなっているのか?

心配な子もいます(笑)

懐かしいな…みんな頑張れよ~













さて…

いつもなら、土曜日は勝平補習なわけですが、

今週は私は泉教室の補習担当です。

というのも、佐久間先生が…

彼から熱烈な「勝平補習行きたいオファー」を受けまして(笑)。

で、理科の補っておきたい単元もあることも踏まえて、

今週は勝平補習は佐久間が担当です。

年内の補習は来週で最後で、そこは私が担当となりますが、

年明けの補習も授業科目のバランスや内容を踏まえて、

佐久間先生も補習参戦する予定の確定ですので、

上手くバランスを取りながら…

全13期生に最もプラスになるように考えていきたいと思います。


で、表題の件ですが、今日も余談です。

今日の午前はわが家の3姉妹の保育園発表会でした。

今年年長だった長女にとっては最後の発表会です。

で、毎年思うわけですが、

本当に保育園の先生方には頭が下がる想いしかありません。

演奏や演劇の練習

それに使用する衣装や小道具

当日の進行やサポート

もうね…

本当に感謝しかありません。

そして、肝心の発表も…

先生たちのご尽力の甲斐あって、とても楽しませて貰いました。

鈴をもって振っているだけの長女を見て、

ちょっとこみ上げてくるものがありましたが、

長女のアホな表情を想像して堪えました(笑)。

こうやって…

子どもは成長していきます。

そして、自分は白髪が増え、どんどん年をとっていきますが(笑)。

そういう大切な「我が子」を預けて下さっている親の想いを…

ひと時も忘れることなく、

指導に向かっていかなければならないな…と。

そういう決意を新たに今日も頑張ろうと思います。

おし…がんばろ!
今日は息子の小学校の学習発表会を見てきました。

で、勝平補習から戻ってから面談までの時間があまりないので、

今のうちにブログを書いておきたくて勝平に移動前に書いているナウです。

7か月前…

入学式を経ての数か月は、

学校行事を参観に行っても

保育園の年長さんとあんま変わんないな~

と思っていましたが、

今日は「あぁ、やっぱり小学生だな」と…

我が子のと言うより「小学1年生みんな」の成長を感じました。

と同時に、

ここからあっという間に成長していくんだろうな~

と期待と言うか、寂しさと言うか…

そういう複雑な感情も感じる1コマでした(笑)



で、今日の表題は無駄話です。

カテゴリに「娘よ…」というのが無いので、

「息子よ…」のカテゴリにしてしまいましたが、

昨日帰宅後に夕食(と呼んでいいのか分かりませんが)を食べていると、

相方が1枚の紙を差し出してきました。

「これ、見てみて。」

と。

で、どれどれ…と見てみると…





 

「いや~…こんな感じの絵を描くようになったのか~」

と。

芸術センス無し、画力に至っては中学生にも小学生にも失笑されるレベルの私にとっては、

もはや驚きのレベル…

素直に凄いな~と。

で、その後相方が続けました。

「裏も見てみて」

と。

で、どらどら…と見てみると、これ…
































 




「ん、何これは?」

と聞くと、こっちは私と息子だとのこと。








おいおい、ちょっと待てよ、と。

上の絵、女3姉妹と母親は全員名前付き。

どっから見ても「人間、女性」だと分かるクォリティです。

しかも、何か良い雰囲気だし。

服も着ていれば、花柄まで書いている。

背景には☆まで。


に対して、これ…



悪意を感じるのは気のせいですか?

世の中ではこうやって家庭内で男性の居場所がなくなっていくのでしょうか(笑)


というのは冗談ですが

これもまた成長…

親が思っている以上に子どもたちは色々なところで色々なことを学び、

嬉しい想いや、

冠詞い想いを経験して、

そうして大きくなっていくんだな、と…


ということで、

塾生の成長スピードにも、

我が子の成長スピードにも、

負けないように自分もがんばんないとな~と。

そんなことを想ったのでした。

ということで、そろそろ勝平補習に向けて出発です。


今日もガッツリ、楽しく、真剣に授業してきたいと思います。



 

新年度生入塾生募集中です。こちらにご案内が御座いますのでご覧下さい。


昨日は日曜日でキャンパスもお休みでした。

午前は息子のサッカースクールに付き添い。

必死になって、汗だくになって走っている姿を見て私も走りたい衝動に(苦笑)

しかしながら、この1週間あまり症状が改善されていない為、まだまだ運動は無理そうですが。

その後は自宅に戻って昼食を取り、長女と長男の勉強を見て、今年初の天グリへ。

時間が時間であったこと(到着が15時半頃?)と結構怪しい空模様だったからから、

私たちが到着した頃には犬の散歩をする大人が数名のみ。

それにより、いつもであれば順番待ちがマストなパンダ号も使い放題(笑)


ついでに、2人でパンダロードを爆走。

その後も誰もいない天グリを貸し切り状態で超満喫した後に、初めて天グリの温泉へ…

いや~…良かったですね、温泉。

温かくなってきたので天グリに遊びに行く機会も増えていくでしょうが、

その都度温泉にも入って帰ってくることになるから~と。



で、今日の本題は我が子の勉強(というか子育て)について。

改めてひしひしと感じているのが、まずは保育園と小学校は全く別物であること言うこと。

保育園があまりに至れり尽くせりなので余計に感じるのでしょうが、

特に小学1年生はさじ加減が難しいな~と感じています。

わが家の場合、初日から見送りのみで登校に付き添いませんでしたし、

帰宅に関しても自宅で待っていました(たまたまその日は塾も休みだったので)。

下敷きやらの学用品も、

自分で名前を書きたいという息子の意志をどこまで尊重すべきか?

※結局拾った人が読めないといけないという結論で親がやったわけですが。

第三者であれば「そんなこと」と思うことが、

当事者になれば「大切なこと」に思えてくるわけです。

不思議ですね…

で、勉強に関しても…

これはわが子でもやはり差があるな…と。

能力面ということではなく、向かう気持ちの面で。

比較的スムースに取りかかり、その後も親の思惑にしっかりと乗っかってくれた長男。

対して、

現在勉強に中々向かいたくないので、勉強道具を出すと「頭痛」が始まる長女(笑)

「あたまいたい…」

鉛筆を持つとそう口にしたり、全力で体調が悪そうな顔をします。

で、「じゃあ、一回休憩しておいで」と言うと、嬉々として妹とおままごと開始。

どうするか?ですね…

世の親御さんは本当にこういう時に色々考えるのだと思います。

◆子供が自主的にやり始めるまで待つ

◆何とか会話でとっかかるように努める

◆エサで釣る(笑)

でも、そこには「絶対的な正解」はないわけです。

で、ないからこそ自分で考え、そこに信念をもって、ぶれずに接していく必要があるのだと思います。

正解かどうかという議論ではなく、

私は「有無を言わせずにやらせる」…

そうしています。


◆やりたくない

なら、やらなくても良い。でも、やりたいことも全てやらせない。


これだけです。

暴論かもしれません。

でも、どういう子に育ってほしいのか?

いや、どういう大人になってほしいのか?

それを考えると、「厳しさ」と「優しさ」は多面的に考えなければいけなくなります。


「休みたい」と訴えるわが子のことを思い、休ませることが優しさなのか?

「やりたくない」と訴えるわが子のことを思い、それを取り除いていくのが優しさなのか?

「休みたい」と言っても、「大丈夫そうだから行ってきなさい!どうしてもだめなら帰ってきなさい」というのは厳しいのか?

「やりたくない」と言っても「いいからやりなさい!」というのは厳しいのか?


これまでも塾生との関係の中でもその都度都度考え、実践してきたわけですが、

やはりわが子のことになっても変わらないという(笑)

ただ、確実に言えることは、

塾生の親御さんのご苦労を分かったつもりでいて、半分も分かっていなかったということです。

だからこそ、そういう親御さんの想いをしっかりくみ取って、

子どもたちと接していかなければならないな、と。

そう思います。


ということで、今日は中学1年生の初めての個別指導日&中3一斉授業日となります。

英語教室開始は来週なので、

私は中3の一斉まで自分仕事を進めることになりますが、

大切な資料や案内の作成も立て続けに入ってきますので、

1つ1つ丁寧に進めていきたいと思います。

おし、がんばろ!
秋田キャンパス21、平成28年度冬期講習のご案内はこちらです。


本日もまずはお礼から…

まゆママさん…

温かなお心遣い有難う御座いました。

昨日出勤した講師陣が嬉しそうに、美味しく頂きました。

お気遣いありがとうございました。


さて、表題の件です。

本当はチェックテストに関して書くつもりでしたが、

昨夜1年生の授業について書いたこと、そして本日どうしても書いておきたいことがあったので、

内容を一部(全部)変更してお届けしたいと思います。


小学生部のある生徒の親御さんが、子どもと相談して「あるもの」を作ったと、その実物も見せて頂きました。

それがこれ…


 

最近やんちゃ度アップの子どもが、嫌々でなく、前向きに勉強に向かってほしい…

そう考え、ご両親で相談されて作ったそうです。

朝勉の時間を設け、そこに子供が前向きに取り組む為の仕掛けを作り、

習慣化を図る…

そう、行動科学の応用です。

これは単純な「飴と鞭」とは違います。

一時の行動を促し、いわば継続性のない誤魔化しのような対処ではなく、

子どもの努力を促すための工夫をして、

親が子どもの努力を引き出すための手間をかけて、

親と子供が努力を共有する…

その先に待っているのは、「習慣化」です。

これ、どうしても親としても二の足を踏んでしまうと思います。

それは、

◆こういうカードを作るのが面倒

◆実際子供の勉強についているのが面倒

そう…親御さんだって家事もあれば育児もあって、仕事もある…

多忙を極める毎日をお過ごしです。

でも、そんな中で「覚悟」を決めなければならない…

だから、二の足を踏むのだと思います。

でも、そういう覚悟があるからこそ…

そういう「大変さ、苦労」を全部踏まえた上で覚悟を決めるからこそ、

やはり子供も成長を遂げていくのではないかと思います。


私もそうですが、

世の親御さんは我が子への深い愛情をお持ちのことと思います。

でも、その愛情をどのように子供に注ぐのかで、子どもの未来は大きく左右されるのだと思います。

子どもに口だけ出すのか?

子どもと苦労を共有するのか?

子どもにだけ行動を求めるのか?

子どもと行動を共にするのか?

今目の前にいる子供の「大変そうな苦労」を取り除くのか?

今目の前にいる子供の「大変そうな苦労」をどうやって超えさせるかを必死に考えるのか?


子どもへの愛情…

優しさと言うのは本当に都合の良い言葉で、

子どもたちにとって「優しい」というのは、苦労を取り除いてくれる人や行動であることが往々にしてあります。

でも、その結果…

子どもたちは苦労と向き合い、それを超えていくことは出来なくなります。

なぜか?

その経験がないからです。

苦労を乗り越えるために考え、対策を講じ、そして今は大変でもその先には「乗り越えた今」が待っているということを知らないからです。

苦労を取り除き、子どもたちに今「優しさ」という仮面を被った「甘やかし」を降り注ぐことは、

実は子供にとって一番酷な対応なのではないかと…

私はそう思います。



話を戻しますが、

それでも…昨日先述の保護者様が見せて下さったあのカードに、私は親の本当の愛情を感じました。

朝に勉強時間を設ける…

殆どの過程で、朝は戦場のような状況のはずです。

※少なくともわが家では母と娘2人の壮絶な戦いが繰り広げられています(笑)。で、そんな中で勝手に自分でご飯を食べ終えている息子の勉強だけ見れば良い私はかなり楽をさせて貰っていますが…

でも、そういう時間に勉強時間を設け、習慣化を図るってことがどれだけ大変か…

※ちなみに、私も来春から息子が小学校入学の為起床時間を早めないと朝活の継続困難になります。その場合、一応チャレンジもしますが、さすがにこれ以上睡眠時間を削るのは体に良くないと思うので、別の方法を講じる予定です。で、思い出したことがあります。「朝型」について。これはブログ最後に追記で書きます。

私達もそんな親御さんの覚悟をしっかりと共有し、

指導に励んで参りたいと思います。



で、追記です。

私は現在子どもたちとの朝活をしてはいますが、「朝型推奨派」ではありません。

しかし、「夜型推奨派」でもありません。

だって、そんなん人によって変わりますから。

だって…そうじゃないですか?

朝の目覚めが良い人もいればそうでない人もいる。

夜に強い人もいれば弱い人もいるんです。

加えて、中学生にもなれば、「今」よりも「これまで」の長きにわたる生活習慣だって関係しています。

なのに、なぜ一概に「朝型にしなさい」となるのか?


先日、私の中では何度も話をして、実際に朝型版通塾と夜型版通塾を試させて、

どちらが良いかを自分で考えさせた上で決めて、その生活リズムで1月まで頑張ろうとしている子がいました。

が、しかし…

鶴の一声、批判のつもりはありませんが学校の先生の一声でその生活終了です…

私は聞きたいし知りたいんですが、

朝型を推奨する人の中で実際学生の頃にその生活をしていた人はどのくらいいるのでしょうか?

夜22時、23時に寝て朝5時に起きて…

そういう生活を3年間でも1年間でも半年でも良いです。

そうして、「絶対に朝型が良かった!」と、自信の経験談を元に断言できる人の割合はどのくらいなのだろうか?と。

確かに、陰山先生も「早寝早起き朝ご飯」を推奨されていますし、

私も陰山先生の意見には全面的に賛成しています。

が、それはご自身の経験や積み重ねた実際のデータに基づいているからです。

ご自身にその意見を推奨するだけの根拠と説得力があるからです。

でも、そうでないのなら…

なぜ朝型が良いのか?

その為には実際に寝る時間と起きる時間だけでなく、どういうことをしなければならないのか?

そういう所まで責任をもって話し、教え、何より本人に考えさせるべきではないのか?と…

私はそう思います。


繰り返しますが、私は夜型推奨でもありませんし、朝型推奨でもありません。

※ちなみに私は夜型人間です。4時前後就寝7時30分~8時の間に起床なので。

入試本番を考えれば、朝型ではなくとも「朝6時~6時30分には起きるべき」ということも当たり前に分かっていますし、

朝起きた方が人間本来のリズムに合っているという理屈も自分なりに勉強して分かってはいます。

でも、先述した様にそれは万人に当てはまるわけではないですし、

何より「己の将来の為に、本気で、本気で勉強に向かい、志望校への扉をこじ開けようともがいている」子だっているんです。

そういう生徒の「今」をちゃんと見てあげて、

その子が頑張れるベストの環境をちゃんと聞いてあげて…

個別にアドバイスをするのなら、そうした上でちゃんと考えてあげて、アドバイスをしてあげて欲しいなと…

私はそう思います。


長くなったので、マッハで仕事します。

 

今月は保育園の運動会に始まり…

ここまでで、

◆長男の保育園参観

◆次女の保育園参観

◆芋ほり遠足


と、午前中に子供関連のイベントが続きました。

来週も長女の保育参観を残しますが、まぁこれで一区切りかなと。



で、改めて感じるのはわが子の成長と保育士という仕事の大変さです。

例えば次女…

去年は参観というより「見物」の方がしっくり来ましたが、

今年は子どもたちの運動や工作もあってちゃんとそれらしくなっていました。

僅か1年です…

僅か1年で言葉も少しずつ通じるようになってきましたし、意思表示もちゃんとするようになりました。

例えば長男…

気付けば保育園年長となり、各種行事で最上級学年としてあれこれ動いています。

言葉も通じますし、玉ねぎを涙を流しながら切るようになりました。

※そういえば、私はここ数年…包丁自体触っていないような気が(笑)

ナンテハヤインダ…

こういう保育園の行事に参加させて頂くと、毎度のように感じます。

こうして月日が流れ、気付いたら自分も孫を抱いているのだろうか…

考えると不思議な感覚に襲われます。


そして、保育園の先生方…

私の場合、とにかく今子どもたちを通わせている保育園が大好きなのですが、

その理由を考えるとやはり先生方の存在が大きいと思います。

感情的になっている子どもにゆっくりと語りかけ、

争いごとの1つ1つに仲裁に入っては何がいけないのかを説明し、

園内外関わらず、様々な場面で活きていく為のルールを教えていく…

イベントがあれば手作りであれこれ作り出し、

日常業務が多忙な中でも準備に奔走し、

子どもたちが楽しめ、成長につながる場にできるようにと尽力され…

ただただ頭が下がります。

わが家でも何かあれば保育園の先生のが話題に上がること自体、

愛情をかけて保育して下さっている証なのだと思います。

本当に有難いです。


ということで、わが家の長男にとってはあと半年の保育園生活…

まずは元気に、大きなけがや病気もなく毎日を過ごして欲しいと思います。

いや、しかし…

泣くな…保育園の卒園式。

確実に泣いちゃうだろうな…







昨夜のブログにも書きましたが、平成28年度夏期講習が昨日をもって終了しました。

改めまして、

夏休みを精一杯駆け抜けた参加生のみなさん、本当にご苦労様でした。

そして、保護者様方…

多大なるご協力を頂き、有難う御座いました。

お昼や夕方のお弁当を作ったり、お届け頂いたり、ご送迎にもご協力を頂いたり…

保護者様もお忙しい中、我が子の為に愛情あふれるサポートを頂きました。

心より感謝申し上げます。

時には、塾生にお弁当を手渡す際に、袋に入っているわが子へのメッセージが目に飛び込んでくることもありました。

いや~…心が揺さぶられるものがありました。

最高な保護者様方に恵まれ、キャンパスはこうして子どもたちと時間を共有できています。

本当に、本当に有難うございます。

そして、講師の先生方…

特に前半は自身のテストとの兼ね合いもあって、大変だったと思います。

それでも頑張っている塾生の為に…と、

出来る限りの調整をつけ、子どもたちの指導に尽力してくれました。

心から有難う。


今日からは(一応)通常の授業に戻りますが、

まだ定期テストを控えている子が多いので対策特訓は続きます。

保護者様方にはまだまだご面倒をお掛けしますが、何卒宜しくお願い致します。


さて、話は変わって…

今年の夏期講習期間にあったお休みは、リアルに殆ど海かプール、川に出かけました。

おかげさまで、私も松崎しげる並に焼けました。


※松崎しげるを知らない中学生の為に↓


はい、こんな感じの色になりました(←3割ほど盛ってます)。

で、やはり最高だったのは宮沢海岸…

去年に引き続き海で遊んで、サンセットを見て、キャンプをして…

これは子どもたちが一緒に出掛けるのを嫌がる年齢になるまで恒例行事にしようと思っていますが、

自分自身も良い思い出なので、また来年が楽しみです。



そして、唯一…

アウトドアでない場所に出かけたのが、映画館でした。

長男の毎日の「お勉強シール」が溜まったので、そのご褒美に映画を見に行ったのですが、

何と仮面ライダーと獣王ジャー。

36歳にして、初めて仮面ライダーと戦隊ものの映画鑑賞…

思い起こせば、私は子どものときに仮面ライダーもあまり興味が無かったですし(実際は分かりませんが、自分の記憶の中では)、

戦隊ものも同様です。

当然、家にはそれ関係のおもちゃもありませんでした。

が、やはり家庭を持つとどんどん変わっていく価値観…

お金を払って仮面ライダーを見るという、10年前では絶対に考えられない経験をしてきました。

※そういえば、息子が2歳の時には仮面ライダーウィザードと写真も撮りましたが(笑)。自分が分かる範囲では、仮面ライダーはダントツでウイザードがカッコ良い!

で、その時に衝撃を受けたのが…

その時に見た映画の内容ではなく、次の仮面ライダー…

名前までは覚えていなかったのですが、今その画像を探していて分かりました。

仮面ライダーエグゼイド…これです。



おいおい…

どんどん仮面ライダーが近代的になっていく。

だって、初代はこれですよ…




エグゼイド、バッタの要素無しですやん…

※それはウイザードもそうか…


まぁ、とにかく私には「ピンク色になった宮川大輔」にしか見えなかったわけです。

仮面ライダーエグゼイド。


ともあれ、そろそろ長男も仮面ライダーを卒業してくれそうなので、

これからはまた違った分野への興味関心を持って、楽しく過ごしてほしいと思います。


ちなみに…

以前ドラえもんを見に行った時にはラストシーンで号泣していた長男は、今回は感動の要素0だったようです(笑)。

で、ドラえもんの時は途中から爆睡していた長女ですが、

獣王ジャーでも仮面ライダーでも、オープニングとエンディングの歌で熱唱していました。

彼女は空気を読むということを知りませんので、親としてそれを教えていかなければなりません(苦笑)。

なんてったって、将来の夢はサーモンになりたい女の子ですから。

※最近は夢がちょっと変わって、将来はホタテのヒモになりたいそうです。



ということで、今日からは日常です。

ジムは8月中は休会していますが、明日からは朝のトレーニングも再開し、

なまっている体もちゃんと動かし、健康的に仕事にも取り組んでいきたいと思います。

おし、がんばろ!








1 / 2 ページ
スマートフォン解析