ふと思ふこと

ふと思ふこと (67)

100点を取るのが当たり前だと思っている子は、

100点を逃すと悔しがる。

90点を取るのが当たり前だと思っている子は、

90点を下回ると悔しがる。

では、自分の中での当たり前が60点だとしたら?


これ、コンフォートゾーンって言うのですが、

自分の中での当たり前の基準がどこになっているのか?


今一度考えるべきだと思います。


※かけ離れた数値を無理くり設定するのは違います。それに伴った努力が出来ていないのであれば尚更です。


悪い意味で…

ミスがあるのに慣れてしまっていませんか?

悪い意味で…

解けるはずの問題を間違えるのに慣れてしまっていませんか?

まずは、意識が大切だと思います。


極々当たり前の話です。

上手くなりたいと思って練習しない奴は上手くなりません。

出来るようになりたいと思って勉強しない子は、

出来るように無りません。


何も難しくない、

極々当たり前の話です。


取れたら良いな…

ではなく、

まずは「絶対に取ってやる!」と自身が思う点数を設定し、

そこに向けての努力をする。


そこからだと思います。
余談からです。

キャンパスの講師陣は毎年夏になると制服を支給しています。

その制服ですが、

これまでは私が好きなMEN’S BIGIのポロシャツでずっと来ました。

そして、そのポロシャツですが、

数年前(もう5,6年も前です)に「BIGIとアドミラルのコラボポロシャツは無くなる」と店員さんに聞いていたので、

その年にある程度まとめ買いをして、

それを毎年支給しながらここまで来ました。

が…

ついにそのポロシャツが尽きてしまいました。

というよりも…

年々男性講師がサイズアップしており、

なぜかLサイズだけがどんどん無くなり、

Mサイズだけが残るという珍現象が起こっています(-_-;)


よって…

今年から男性講師の夏場の制服はTシャツに変更します。

私の独断と偏見で選ぶことにしました。

とは言え…

私は元々「今年はこれでいく!」と決めて、

先日大人買いしていました。

同じデザインを色違いで。

4枚買って…






























3200円!
















1枚約800円…

その金額だけで考えると激安ではないですが、

今までのポロシャツを考えると激安。

なので、

今年は…

★昨年までのストックポロシャツ

★今年バージョンのTシャツ

で男性講師は頑張ってくれると思います。

女性講師に関しては、

完全に丸投げしているので、

相談して決めてもらおうと思います。






では、本題です。

が、時間も時間なので簡潔に。

約2週間ほど前でしょうか…

自塾のアドレスにメールが来ました。

簡単に言うと

本を出しませんか?

というオファーでした。

それを見て真っ先に思い浮かんだのは…


詐欺だ!


ってこと(笑)。

最近、お友達の國立先生が出版されていましたが、

そこに至る経緯もブログで拝見していましたし、

ご自身で動かれた結果であることも簡単には分かっていました。

しかも…

國立先生はブログのPV数も私とは天地の差を誇っているブロガーです。

にも関わらず…

こんな田舎の、

こんな小さな塾の一講師に…

なんで??

詐欺としか考えられない。

てことで、ちょっと調べてみました。

結果…

詐欺ではありませんでした(←本当に失礼な奴ですね(-_-;)

が、諸々考えて、

今回の出版社さんからのオファーはお断りさせて頂くことにしました。



ただ…

ここから数年のスパンで、

ちょっと違う形で自分なりに考える勉強法等をアップできるようにしたいと思っています。

自塾生が実践している勉強法や使用しているツール。

成績を上げるために必要なことや、

部活動との兼ね合い…

こういったことを、

何らかの形でまとめたい…

そう思いました。


まだまだ具体的には考えていませんが、

ちょっとここ1ヶ月で考えて、

具体的な目標とそれに合わせたスケジュリングをして、

ちょっとずつ進んでいきたいと思います。


生徒だけでなく、

私自身も成長していく為にも必要なことかと思ったので…


私も頑張ろと思います。


ということで、今日も頑張っていきましょ!
一応今日で夏休みまでの授業計画が完成しました。

で、明日からは、

✓NEWS6月号

✓夏期講習の時間割着手

✓課題添削

に注力していくことなります。

ので、その前にこのシリーズを…

前回までの流れだと、

単なる旅行記になってしまうので(苦笑)、

ちょっと書き方を変えていこうと思います。


私が感じたドイツ~その1~

子ども(と言っても就学前)に優しい人が多い

と感じたのは、

わが家の家族構成の問題もあったのでしょうが、

まずはケルンからオランドのアムステルダムへ行った時の出来事です。

元々その日は、

日帰りでアムステルダムに行く予定でした。

朝7時にはアパートを出て、

地下鉄でケルン駅へ。

そこからケルンメッセへ移動し、

DB鉄道でアムステルダムへ行くわけですが(所要時間2時間半くらいでした。確か。)、

その乗車前…

作業着のような服を着ているおじさんとちょっと話をしていました。

笑顔が素敵なおじさんでした。

で、乗車してから分かったのですが、

恐らくDB鉄道のそれなりのお偉いさんのようでした。

で、そのおじさん…

私たち一家が乗車すると近寄ってきて、

こっちへ来い!

と手招きしてくれます。

その先にあるのは…

通常の座席とは明らかに違う、

VIPルームの様な個室。

しかも、

既にその部屋には人がいたのに、

その先客を部屋から出してまで、

この部屋を使って良いよ、と。

ついでに、

俺の形態充電したいから、

コンセントは使わせてね!

と(笑)

で、期せずして使わせてもらえたのがこの部屋…







お陰で子どもたちは終始笑顔で、

トランプやら、

お絵描きやら、

好きなことをしながらあっという間にアムステルダムに到着しました。

子連れだというのを分かって、

笑顔でこういう配慮をしてくれたあのおじさん…

超ジェントルマンでした。


そして、もう1つ…

こちらの手違いで、

実はこの車両の予約自体は1日ズレてました(笑)。

しかも、それに気づいたのが車掌さんがチケット確認に来た時(笑)。

「おいおい、これ日付が明日になってるぞ!」と。

こりゃ…こまった。

これ、どうなんの?

右往左往する日本人夫妻(笑)

それを見て、

ドイツ人の車掌さんが言いました。

「ちょっと待ってろ」

で、しばらくするとその車掌さんが言いました。

とりあえず、今日アムスからケルンに戻るんだろ?

このチケットじゃ戻れないから、

さっきアムスの方に連絡しておいたから、

大丈夫なようにしておいたから、

とりあえずこれ持ってアムスの駅のカウンターに行きなさい!

と。



ちなみにその手紙がこれ




そこまでしてもらって私から出る言葉はやっぱり…




テンキュー!まじテンキュー!





でした。

いや~…本当にDBの職員って良い人ばっかりだな~…



と一安心した状態で到着したアムス。

で、車掌(レイモンド)に言われた通りに行きましたよ、カウンター。



が、そこから衝撃の展開に(笑)

意気揚々とDBの職員の女性にその手紙を見せて、

これ日付が明日になってるけど、

今日に変えてもらえるってさっきDBの車掌さんが言ってくれた。

と伝えました。

が、

そこで彼女が言い放った一言。









そんなの知らないわよ(-。-)y-゜゜゜













私も相方も一瞬でフリーズ(笑)

おいおい、どうするマジこれ。

帰れねーぞ…

既に時間は11時を過ぎていましたし、

※12時過ぎてたかもしれません。

子どもたちは「お腹空いた」と。

で、帰らないわけにはいかないので、

やむを得ずその場で帰りのチケットを取り直し。

当たり前ですが、

私は携帯を使ってそんなことをスキルは1ミクロンも持ち合わせていないので、

全て相方任せ。

で、携帯を物凄いスピードでいじくって、

あれこれやっている相方の横で、

暇すぎて母親の化粧道具で自分の化粧を始める長女(笑)



そんなこんなで何とかチケットも確保し、

無事ケルンに変えることが出来ました。


ちなみに…

帰りのDBでも、

ケルン在住のおば様のお陰で、

先頭車両の個室の様な席にのることが出来ました。


もうね…

何て子どもに、家族連れに優しい国なんだ…と。


※アムスの駅のDBの女性職員を除いて(笑)


地下鉄でもそうです。

子供連れの人がスーツケースを持っていると、

ほぼ確実に近くにいる男性がそれを車両に入れてあげたり、下してあげたりしていました。


あったかいな…と。


※アムスの駅のDBの女性職員を除いて。

と、子供連れに優しいなと感じた場面集でした。










2019/05/15(水曜) 12:02

保育参観に思ふ

★5月8日更新情報★
✓6月より、市内の各中学の定期テストに合わせて対策特訓を実施します。中学1年生と3年生は在塾生以外の参加もお受け致します。詳細はお問い合わせ下さい。
※中学1年生、3年生共に若干名のみの募集となります。



まずは、Sるママさん。

毎度毎度本当に申し訳ございません<(_ _)>

職員室に飾らせて頂きました!

教室の雰囲気も一気に明るくなります。

本当に有難うございました!



さて…

昨日までで、

✓春課題中学3年分の添削

✓夏休み前の最終授業案(中3・中2)

が完了し、

今週の授業等のルーティン以外の業務は

✓小学部保護者会資料作成

✓夏休み前の最終授業案(中1)

となります。

春課題も中学1・2年生分の添削完了を今月中に終了させたいので、

そちらも毎日ちょこちょこ進めていますが、

焦らず、スピード感をもって、

進めていきたいと思います。



で、表題の件です。

今日は次女の保育参観でした。

毎回毎回思いますが…

保育園の先生って凄いですね、本当に。


先日の痛ましい事故に関しては、

私もブログで書こうかと思いましたが、

遺族の気持ち

保育園の先生の気持ち

第3者とは言え、

そういうのを考えるとどうにも…という状況でした。


で、話を戻しますが、

今日も…

先生方は作成物の下準備で本当に大変だったと思いますが、

そんなそぶりも見せず、

笑顔で子どもたちにも保護者にも接している…


凄いなという尊敬の念と感謝しかありません。


わが家は4人とも同じ保育園に通いましたが、

本当にこの保育園で良かったと思っています。

そして…

そう感じる最大の要因はやはり「先生」です。



信頼して子どもを預けられる先生。



自問自答しますね、こういう機会に改めて。

自分はそういう先生になれるような努力を怠っていないか?

塾生は勿論のこと、

親御さんの気持ちをしっかり考えて指導出来ているか?

親だったら思いますよね…

うちの子をしっかり見てもらいたい!

と。

そういう保護者さんの気持ちをしっかり理解して、

子どもたちと接しているか?


そんなことを保育参観に行くといつも考えさせられます。


ということで、

保護者さんの願い・思いをしっかりと汲んで指導にあたれるように…

今日も頑張っていこうと思います。



おし、頑張ろ!


2019/05/07(火曜) 12:31

ブログ再開

初めてでしょうか…

楽天でブログを開始してから10年以上経ちますが、

更新を10日以上空けたのは。

今日からまた再開していきたいと思いますので、

何卒宜しくお願い致します<(_ _)>

少しずつ、

この連休期間のことも報告していきたいと思いますが、

間もなく始まるMT前に諸々済ませておくべきこともあるので、

今日は後ほど改めて記事をアップしたいと思います。

いや、しかし…

久しぶりの仕事は、

やっぱり楽しいな。
現在ネットでも多々取り上げられている、先日の教師関係の問題。で、私も何個かネットで関連の情報を見ましたが、撮影者の「親」を散々袋叩きにしているようなこの状況には違和感を覚えます。確かに親御さんの子育てにも指摘すべきことはあるかもしれません。そして、あの事件が教師の人生を奈落の底に突き落としてしまう可能性もあって、その点では学生はある程度の責任を取らされてしかるべきだと思います。が、だからと言って、SNSやニュース、ネットという不特定手数の人の目に入る媒体で、ガンガン「親叩き」をするのってどうなんでしょうか…叩かれた「親」が思い詰めて、悲しい結末に至ってしまった場合にはどうするんでしょうか?その時に「そんな子を育てた親だからしょうがない…」とでも言えるのでしょうか?子どももそうですが、大人の方がSNSの危険性を分かってないんじゃないのか?って…そう思うことが多々あります。
2018/12/13(木曜) 12:37

みんな同じ。親も同じ。

★更新情報★平成30年11月23日更新情報

平成30年度の冬期講習及び新中学3年生の追加募集、及び平成31年4月入学の新中学1年生の入学準備講座、31年4月利用開始の小学生対象放課後児童支援学童スクールのご案内を掲載しました。
ご興味御座います方はこちらをご覧下さい。

※学童スクールのご案内はこちら、学童スクール開設に至る経緯はこちらです。




高校入試まであと81日…

12月の実力テストを経て、

そして11月の各中学の定期テストを経て、

受験生に限らず沢山の生徒と話し、

また、

親御さんともメールや電話で色々ご相談を頂いたり、

こちらからご連絡を差し上げてお話をしたりしてきました。


で、一連のそういう話を通じて改めて思うのは、






みんな同じ






ってことです。

例えば受験生…

私はこんなにやってるのに、

なんで思うように結果に繋がって来ないんだろう…

僕は毎日塾に来て勉強しているのに、

なんでもっと成績が上がらないんだろう…

そう感じている子も少なくないはずです。

でも、

そういう子たちには共通している「課題」があります。

✓1つ1つの勉強が中途半端になっている。

✓覚えるまでやらずに、先延ばしにしてしまっている。

✓やってはいるのかもしれないが、こちらがしつこく伝えている「やるべきこと」をやっていない

挙げればキリが無いのですが、

この辺が多いですね。

言い換えれば、

成果を出している子たちは「完璧」ではないけど、

やはりやるべきことをやっているのです。

✓時間をかけて、「やりきる」勉強をしている。

✓覚えるまでやった上で、一定期間を置いて反復するようにしている。

✓テスト直し、授業の復習など、「言われたこと」をやっている

こういう違いが「結果の差」になっています。

どちらの子も「やっている」というのは同じです。

でも「成果を出すための勉強をやっている」かどうかで差があるのです。

いいでしょうか?

頑張っているのはみんな同じです。

この時期の受験生なら、

みんな頑張ってるんです。

そして…

みんな何かしらの苦しみや不安と闘いながら日々勉強しているんです。

順調そうに見える子だって…

日々葛藤しているんです。

みんな同じ。

でも、

そういう状況下で、


なんで自分だけ上手くいかないのか?


って思ってしまうんです。

チガウンデス。

みんな同じ。

みんな同じ。

でも、

そこを乗り切ろうと、

必死に歯を食いしばって、

必死に前を向いて、

一歩一歩前進しているんです。

そう…

だからこそ「自分だって出来る」って思えるかどうかなんです。

自分だってやれば絶対に出来る!

絶対にあの高校で3年間を過ごす!

そういう気持ちでやれるかどうかなんです。



そして、これは親御さんも同じだと思います。

我が子のこと故、

ある意味では自分のこと以上に悩み、苦しんでいる保護者さんも少なくないと思います。

でも、

私が断言できるのは、

みなさん同じですよ

ってことです。

実際、

10月から行ってきた受験生の面談でもそうです。

今月に入ってからも、沢山の保護者さんからご相談も頂きました。

どの親御さんも、

我が子の学習面で悩んだり、

我が子の人間関係で悩んだり、

我が子の反抗期に悩んだり(笑)…

当然、それは私も同じです。

長男のサッカーでも、

長男、長女の勉強でも、

日々悩み、考え、どうするのがベストなのか?

試行錯誤の日々です。

それは「正解」が無いからだと思うんです。

ただ…

あくまで私はですが、

塾生のことも我が子のことも、

真剣に考え、

すべきサポート(声がけ、説教、相談、励まし等全て含め)に徹していくこと…

絶対にそこだけは妥協せず、

一番大切にしていくのが自分の務めだと思ってます。


そして、もう1つ…

全てのことは、




山あり谷あり







私はこれをいつも頭のど真ん中に置いています。

※この言葉の意味は2つありますが、私はどっちも真実だと思ってます。

辛いことがあったって、

それを乗り越えれば、理想的な状況が待っているわけですし…

※そう考えるのも、言うほど簡単ではないですが(笑)

ということで、

結局何が言いたいか?

苦しいこともあります。

辛い時期もあります。

でも、そういう中で子ども自身が成長し、

その成長を親御さん自身が感じられる日が絶対に来るってことです。

そういう日が来るまで…

今できることを必死に考え、

共にもがいていきましょう。

ってことでした。

あっという間の木曜日です。

日曜日にはキャンパス初のイベント「1DAYテスト」もあります。

1月4日の実力テストまでもジャスト3週間となりました。

あっという間に時間は過ぎ去っていきますので、

1日1日を大切に過ごしていきましょう!
昨日もある受験生の保護者様と電話でお話しましたが、やはり親というのはどこまでも我が子の幸せを願うわけです。そして高校入試においてここ数年私が一番考えるようになったのは「出口」。つまり、高校3年次の進路選択です。必死に頑張って志望校合格を果たし、希望に胸を膨らませてスタートした高校生活。でも、その3年後…思いもよらなかったような現状になってしまってはしょうがない。高校入学はゴールでもあり、スタートでもある。そして、高校生活のゴールでどういう「出口の選択肢」を自分に与えられるのか?それが大切。だから、やはり今から、変わったって良いから、将来に関しての自身の考えを持ってほしいなと…そう思うわけです。
★平成30年度夏期講習泉教室のご案内はこちらです。
☑小学5年生は残席2席となりました。ご検討中の方はお早めにお願い致します<(_ _)>
☑泉教室中学部は全学年募集を停止させて頂いております。


★平成30年度夏期講習勝平教室のご案内はこちらです。
☑中学3年生は残席わずかとなりました。ご検討中の方はお早めにお願い致します<(_ _)>

★学童スクール夏休み短期利用ご案内はこちらです。


全国的な猛暑が続いています。

yahooトピックスでも…

熱中症で愛知県の小学1年生の尊い命が失われたのを目にしました。

ただただ残念でなりません。

昨日の魁新報でも取り上げられていましたが、

秋田県の小・中学校の冷房設置率は

北海道

岩手

についで低い、1.8%だそうです。

財政の問題もあるでしょうが…

そこをなんとかしないと、

実際に命が失われてからでは遅いのでは?

なんてことを思ってしまいます。

子どもたちは暑さのピークの時間を毎日教室で過ごすわけですから…

学校の統合と合わせて、

施設面の充実も早急に進めていく必要があるかなと思います。



では、本題です。

昨日はある生徒が約1ヵ月ぶりに登塾しました。

中総体で大きな怪我を負い、

かなり難しい手術を経て、

その手術後には即定期テストも受験し…

無理は絶対に禁物ですので、

お母様から経過報告を頂きながら、

昨日やっと登塾再開となったわけです。

この1ヶ月半…

振返ると沢山のけが人がいました。

鎖骨骨折2名

足の指の骨折1名(=骨太君)

手の指の骨折1名

腕の骨折1名

靭帯損傷1名

その他にも、

肉離れ等で松葉杖で登塾する生徒もいました。

で、改めて思うんです。

この子たち、よく休まないな…と。

いや、私自身もそれは保護者会の際にはお願いしています。

疲れた

ちょっと頭が痛い

勿論最終的には親御さんの判断です。

しかし、簡単に休んで欲しくありません。

中にはその理由が

「宿題が終わっていないから」

という子だっています。

でも、それは全て自己責任です。

登塾して注意を受けることもあるでしょう。

厳しく言われることだってあるかもしれません。

でも、

やるべきことをやらなかったことに対して指導を受けるというのは、

ごく当たり前のことだと私は思います。

そして、

休み癖がついてしまっている子は強くなれません。

ですから、

親御さんの判断で休ませるべきと思った時には勿論お休み頂いて構いませんが、

出来るだけ背中を押すようなお声がけをお願いします。



こんな感じです。

たしか。


でも…

颯は口では言っても…

骨折しても松葉杖を突いて、

ギプスをつけて、

そしてまだ腕だって十分に上がらないのにそろそろ再開できそうだと言って…

当たり前のように通塾してくる…

凄いことだと思います。

内心では多々心配しながら子供を送り出す保護者さんのお気持ちも含め。


そして、

そういう心の強さこそ、

学力面のみならずスポーツでも成長の為に大切な者なんじゃないかなって私は思います。

精神論がすべてではありません。

でも、

精神的に弱い子…

苦しいところで頑張れない子…

気持ちが「のらない」からとやらない子…

こういう子が成長していけるとは思えないわけです。


苦しいところで踏ん張れる子。

やると決めたことをしっかりやる心を持っている子。

やはり、

そういう子の方が大きく前進していくと思うのです。


ということで、

夏期講習前の通常授業も気が付けばあと3日です。

ハヤイ…

早いからこそ、

1日1日を大切にしていきたいと思います。


そして…

こんな偉そうなことを言っている自分が、

まずはもっと心を強く、

苦しい時にこそ頑張れる大人になりたいと思います。

子どもたちに鼻で笑われないように…
昨日に引き続き、

振替休日で学校がお休みの中学生は定期テストに向けての勉強が間もなくスタートします。

昨日の勝平教室長の伊藤のブログにもありましたが、

意味不明な遅刻…

泉教室でもありました。

で、私からプチお説教を受けた子もいますし、

ど説教を受けた子もいます。

何のための集合時間で、

何のための開始時間なのか?

1分だから遅れても良いのか?

10分だから悪いのか?

そういうことをもっとしっかり考えて行動して欲しいと思います。


で、今日の表題の件ですが…

昨日行われたワールドカップの日本代表の試合についてです。

いや~…



怖いですね、人の言葉って(笑)


大会前…

メンバーの人選にも、

監督交代に関しても、

あんだけ酷評をしていたのに…

いざこういう結果になると、

凄まじい勢いの手のひら返し(笑)


先ほど美容室で髪を切っている時に美容師さんから聞いたのですが、

評論家(みたいな人)も

「監督交代が功を奏した」

とか

「これが日本の底力」

とか言っていたそうです。

大会前にはさんざんディスってた人が。


で、改めて思うんです。





怖いですね、人の言葉って




今この時代において、

メディアの論調や評判…

そういうのに惑わされない自分の意見、

自分なりの情報の取捨選択が出来るようにならないといけないだろうなって…

私は本気でそう思います。


塾に関しても同様です。

SNSでいいね!が集まっている塾が良いとは限らないし、

口コミサイトで上位にいるから良い塾だとも限らないでしょう。

また、

自塾のように最近聞こえてくるのが「とにかく厳しい塾」という評判( ノД`)シクシク…だからと言って、

ダメな塾とは限りません(多分)。


結局は、

評価するのは自分だってことだと思います。

だから(以前にも書いたような気がしますが)、

私はネットの口コミサイトは一切信用していませんし、

(良い評判の)8割以上はサクラだと思ってます。

逆に…

Amazonの評価とか、

ああいう製品に対しての評価とかはかなり参考にしますし、

実際それを動機に商品選択することもあります。

※余談ですが、最近買った完全ワイヤレスのブルートゥースのワイヤレスイヤホンが3,000円台でめちゃめちゃ良かったので大満足してます。いや~…超コスパ良いです。ジョギング中にスポーツイヤホンを探している保護者様いらっしゃったら教えて下さい。超お薦めです。


ということで、

まぁよく分からん内容になっていますが、

既に対策はスタートしていますので、

今日も充実の1日になるように頑張ってください!

そして…

頑張れにっぽん!


1 / 5 ページ
スマートフォン解析