フットサルとサッカーの事

フットサルとサッカーの事 (9)

好きなサッカー選手は誰ですか?と聞かれれば、即思い浮かぶのはロナウジーニョ。他にもラモス瑠偉、小野伸二、デニウソン(ブラジル)、ロベルトバッジオ(イタリア)、フリット(オランダ)、ベロン(アルゼンチン)、(フランス)、モドリッチ(クロアチア)、クリロナ(ポルトガル)などなど沢山います。が…誰の様な選手になりたかったですか?と言われればやはりベッカム(イングランド)。足が速いわけでも、足元の技術がめっちゃ凄いというわけでもない。でも…自分はあの美しい弧を描くパスを出せるようになりたくて、中学、高校時代は一人でボールを蹴っていたな~と。こんな年齢になっても、遊びのサッカーをやっていても、とりあえずは「遠く」を見る癖が抜けないのは、今でも、この年になっても憧れが消えていないからなんだと思います。で、それを思い出して、今日のジムではベッカムのクロス集をみながら、ご機嫌で走っていました(笑)
2018/10/24(水曜) 12:19

SNSによって生まれた職業

まずは、お礼からです。

Rお君…

わざわざの心遣いを有難う。

美味しく頂きました。

練習も勉強も、しっかり頑張るんだよ。


そして、本題の前にちょっとだけ…

昨日は2年生の一斉でしたが、

まだまだ課題はあるものの、

非常に嬉しいこともありました。

Nき、Tや、ダブルHかにRな…

先週までのCTへの取り組みとは違った姿勢を見せてくれました。

やれば出来る。

覚えるべきを覚える。

それだけで、満点とまではいかずとも、

ちゃんと力がついてくるようにテストを作成しています。

そういう意味において、

絶対にやれば出来ることをしっかりやってきた

というのは大きな前進だと私は思っています。

それが、昨日で終わらぬように…

しっかり継続出来るように、

来週に向けてもしっかり勉強してきてほしいと思います。

また、

安定して頑張っているSん、Nつ、Yの、Rう、PO、Sやに加え、

先週から取り組みの姿勢に大きな前進を感じる姫様…

以上が昨日の満点合格組でしたが、

それもやはり嬉しかったです。

対策特訓開始に撮り、

来週で一旦CTは中断になりますが、

是非来週のCTは全員合格で終わって欲しいと思います。



めっちゃ期待してます。



では、どうでも良い話なのですが本題を。

私たちが生きているこの時代…

本当に物凄い速度で発展を遂げています。

パラダイムシフト全盛期。

そして、ここからもそれは続き、

100年後には想像もつかない世界になっているのではないかって思うんです。

だって、今まであり得なかったわけです。

意味不明の動画を取って、

それによってかなりの高収入を得る職業とか…

これは個人の価値観なので、

別に批判ということではありません。

でも、私にはない価値観。

仕事をするなら、

真面目に、コツコツと…。

時に、必要な時には勇気をもって、新たなステージにジャンプするように…

私は今までも、恐らくこれからもそういう価値観でいくと思うのですが、

それでも…

ここ最近の様な新たな価値観や個人の発想が認められ、

そういう生き方をしている人がいるというのもまた事実です。


で、なんでそんな話をってことなんですが、

実は本題はここからです。

既に知っている人もいるかもしれませんが、

サッカー少年は是非見た方が良いと思うのですが、


この動画…


私はこの岡部さんという人、

かなり前から知ってました。

それこそYou Tubeで「100人抜くまで帰れまてん」

みたいな企画をやっていて、

それをたまたま動画で見たのが多分3年くらい前です。

その当時の感想は…


なんじゃ、この化け物!


です。

私がこれまで、サッカーをやっていて、

実際に一緒にプレーしたことがある人で、

目茶苦茶な衝撃を受けたのは2人です。

まだ現役を続けるアントラーズの小笠原満男さん。

私の1つ上の先輩です。

で、もう一人がキャンパスもその活動をバックアップしている、

秋田市内の小学生向けのサッカースクール「アキスポ」の代表、

加藤光平さん。

光平さんも私の1つ上です。

ちなみに、私が秋田に来てはや20年近くになりますが、

その中で最も衝撃を受けたのは光平さんのプレーでした。

まぁ、びっくらいこいた(笑)

ウマすぎて。

で、初めて岡部さんの動画を見た時には、

それ以来の衝撃を受けたわけです。


で、話を戻すと、

3年前くらいには「この人ヤベェな…」

位にしか思っていなかったのですが、

最近「またあのドリブルの人の見たいな~」

とジムでジョギングをしながら検索したら、

何か検索キーワードに色んな枕言葉が追加されているわけです。




ドリブルデザイナー 岡部




おいおい…

なに、その職業?

ゆーちゅーばーみたいなん?

そう思ってちょっと調べると、

岡部さん…

何か乾選手とか、梅崎選手とか、原口選手とか…

代表選手にドリブル教えてる…

しかも、

その報酬もスゲェ…

テレビとかにもめっちゃ出演している様子…


いやね…

岡部さんに物凄い失礼を承知の上で書かせて頂くと、

元々Fリーガーだった一人の元選手が、

こんなことになるなんて昔だったら絶対にありえないと思うんです。

恐らく…

「ドリブルはうまいけど…」

その位の評価で選手生命を終え、

その後はどこかのクラブで指導者をして…



でも、岡部さんは違った。

多分、

100人抜くまで帰れまてん!

の企画の時点で、

恐らくここまで思い描いていたんじゃないかなって思うんです。

勝手な想像ですが。

SNS時代を上手く活用し、

サッカー選手としてというよりも、

更にその中で自分の武器である「ドリブル」に細分化し、

そこで勝負をした。



そして、結果的に…

今ではあの世界的名手ネイマールとまで共演を果たす…

もう、夢物語です。



でも、これが現実。

今は、そういう時代になったってことです。


だから、思います。

僕自身の価値観は、僕だけにしておこうと。

少なくとも、こういう「将来に関するもの」は。

勉強面、生活面、塾内のルール等は別です。

私の価値観ゴリゴリでいかせて頂きます(笑)


でも「未来」という観点においては…

私自身がもっと柔軟に考え、

もっと知識を広げ、

そうでないと子どもたちに伝えられることが無いよなって…

そんなことを想ったのでした。


なんか…

危機感で一杯です(笑)

時代に置いていかれないように勉強しないと…

ということで、

全然関係ない話のようで、

自分の中で色々と考えたことがあったというお話でした。

支離滅裂な話ですみません<(_ _)>
2018/06/29(金曜) 13:05

私にはつまらなかった…

★平成30年度夏期講習のご案内はこちらです。

★学童スクール夏休み短期利用ご案内はこちらです。


昨日は初めての定期テストを終えた中学1年生の一斉授業だったので、

テスト直しの話や直しノートについての説明もしましたし、

一次方程式にも入りました。

ついでに、

授業態度が悪い子にはちょっとだけ説教をしましたし、

※1…次回は気を付けてね。昨日の10倍くらいの界王拳いくからね。

※2…数名の生徒の学校での授業態度が心配しかありません。


夏期講習のお問い合わせが有難いことにここ数日続いていることだったり…

書きたいことが多々あるのですが、

今日だけはちょっと昨日のポーランド戦について書こうと思います。


まず、前提として…

日本にとっては決勝トーナメント進出が第一であり、

監督も選手も「そこ」を第一に考えていたことは凄く、物凄く分かります。

でも、それでも1つだけ言わせて下さい。
















さいっこうにつまんなかった



















感想は以上です。

昨日は久しぶりに…

本当に久しぶりに0時過ぎに帰社し、

一緒に試合を見ると約束していた息子を起こし、

何故か「私も起こして」と言っていたとのことで長女も起こし、

一緒に観戦しました。

ちなみに…

こういうことは初めてです。

わが家の場合21時には子どもたちはみな就寝ですし、

大晦日でも眠気に勝てず22時には寝ますので…

もしかすると、

「今日くらいは」と夜更かしを容認していたご家庭もあるかもしれません。

実際、

私が帰宅する際にも随分と電気がついている家が多かったように思います。

※まぁ、いつもより帰宅が2~3時間早かったからだけかもしれませんが(笑)


で、話を戻しますが観戦開始したのがラスト30分位ですかね、確か。

で、ほどなくして失点(-_-;)

まぁ、しょうがないでしょ!

ここからっしょ!

そう思っていたのですが、

何やかんやで時は過ぎ、

※犬の鳴き声で起きてしまった3女の相手もしていたので

テレビではコロンビア勝ち越し!

との情報が…

で、聞いているとどうやらそのまま行けば、

得失点差は同じなのに、

フェアプレー何とかで日本がグループリーグを突破できるとのこと…


で、そこからでした。

最悪な時間が始まったのは…







まじ、くそつまらん!






テレビに向かって暴言を吐く私…

起きてきたもののソファで気持ちよく寝ている長女

眠すぎてもはやどうでも良い長男(笑)




で、結局そのまま試合は終了し、

日本はめでたく決勝トーナメント進出…




いやね…

先述の通り、分かるんですよ。

選手の気持ちも、監督の気持ちも。

恐らくコロンビアとセネガルの試合も日本の関係者が見て、

細かく連絡も取り合っていたんでしょう。

もしかするとセネガルが追い付く可能性も有るかもしれないけど、

可能性の問題で点を取りに行って結果的に勝ち点差1でGリーグ敗退というリスクより、

勝ち点差はこのままでコロンビアが勝って、

結果的にトーナメント進出の方が可能性も高いと思ったんでしょう。

実際、

私がブログに書いた試合のときより西野監督の顔が「勝負師」の顔になっていましたし、

結果的にその監督の読みも当たった…

でもね…

つまらんのですよ。

私はそんなに試合は見ませんが、

日本代表を応援していますし、

Wカップ前に散々こき下ろされていた時も、

ホントに突破できる可能性もあるんじゃないの?って思ってました。

だから今月1日のブログにもあんな風に書いていたんです。

で、その通り…

運も味方して結果的にGLを突破した。

でもね…

違うと思うんですよ。

他の国だって同じだ。

ああいうシチュエーションならボールを回して時間を稼いで当然だ。

いや、分かるんです。

分かるけど違うと思うんですよ。



代表だろうが何だろうが、プロでしょ?

そして、あなたたちは日本人。

応援している私たちも日本人。

日本人の勤勉さ…

例えば試合後のゴミ拾いとか…

そういうのに世界の人たちは魅力を感じてくれているんじゃないんですか?って。

試合巧者のサッカー…

そんなん強いチームに任せとけばいいじゃないですか?

日本人としての誇りとか美学とか…

そういうものを全部捨ててまでベスト16を選びますか?

日本人としての誇りをもって、

最後まで…

せめて引き分けに持ち込んで、

自力突破できるように闘う姿勢をサポーターにも世界にも見せるべきなんじゃないの?って…

私はそう思って見ていました。


だから、

あのくそつまらんボール回しが始まってからは息子に


こんな試合見ても意味ないから寝た方良いぞ!


と言い、彼は素直に10秒で眠りにつきました(笑)



あぁ…

何がって…

あの乾選手の表情…

俺はこんなことをするために出て来たんじゃないって…

そう顔に書いているような表情…


あぁ…

代表選手のひたむきな闘う気持ちを、姿勢を楽しみにしていた全国のサッカーキッズたちの気持ち…

将来は大迫のように…

将来は柴崎のように…

そういう少年・少女の思いはいずこへ…

ただただ残念でした。



ちなみに…

そういうクソ試合だったので、

選手評もなにもあったもんじゃありません。

単純に見たかったです。

ちゃんとした「試合」として。

大迫選手と武藤選手のツートップ…

そこへの乾選手の絡みや柴崎選手のワールドカップを通じての成長。

最後の10分での本田選手の「勝負強さ」とか…

ああいう状況だからこそ、

エキサイティングな試合を見たかったな…と。

ということで、

私の中での2018ワールドカップ日本代表は昨日をもって終了です。

恐らく…

やべっちFCでハイライトは見たとしても、

決勝トーナメントは見ません。

大体にして、

昨日ので折角のチームの勢いを弱めてしまったので、

次の試合はボコボコにされる可能性があがってしまいましたし。

決勝だけは録画して、

あとで見ようと思います。


という、「どうでも良い独り言を公式ブログでつぶやく」の巻でした。
★キャンパス21の冬期講習のご案内こちらでご覧頂けます。ご興味御座います方はご検討下さい。

★ブログ内に「学童スクールキャンパス21」専用のカテゴリを設けました。学童開所に至る経緯や詳細情報等を随時更新して参りますので、ご興味御座います方は是非ご覧下さい。
《更新情報》
☑12月17日(日)11時から、学童スクールの説明会を開催します。詳細はお問い合わせ下さい。
☑12月7日更新 学童スクールの費用(仮)を公開しました。


さて…

今日は完全な余談でいきたいと思います。

いや、実はこのユニフォームが発表になったとヤフトピで知って、

実際見て、その時に書こうと思ったのですがずっと忘れてまして…



来年、ワールドカップがありますね、ロシアで。

で、その大会で着用するユニフォームがこれ…






ユニフォームなんて人の好みなので、

悪口とかそういう感覚でなく私個人の意見を書かせて頂きますが、





































ダサい
























はい、悪口ですね(笑)

でも、本当にダサい…

とりあえず、このドットは要らないんじゃないかなと思うわけです。

それが無いだけで、だいぶ、だいぶカッコ良くなるのに…

イメージは「甲冑」とかどっかに書いていたのを見ましたが、

いや…

ユニフォームなので。

兜もかぶらんし…

ちなみに、私のお気に入りのユニフォームはこの2つ。



基本的に白のユニフォームは好きだっていうのもありますが、これはカッコ良い。

アウェーではなく、ホームにして良いんじゃないか?

というくらい個人的に好きです。

そして、もう1つはこれ。





これ、柱谷さんとか井原さんとか、そして私が愛してやまないラモスが全盛期の頃じゃないでしょうか?

1992年と書いてあるので、私が小学6年生とか中1とか…

まぁ時代も感じます。

が、私はこのユニフォームは大好き。

恐らく歴代の日本代表の中で1番好き。


ついでにですが、もう1つ挙げるとすると、これ。



 

これはデザイン的にはあまり好きではありません(笑)

が、とにかくこのユニフォームは印象に残っています。

ドーハの悲劇のこともあるでしょうが、

やはりこれも…

私が愛してやまないラモスが思い出されるからです(←本日2回目(笑)

※ちなみに、私が「らも吉」という意味不明のニックネームを自分につけているのは、ラモスの「ラモ」に由来しています。本来、私の意見が通っていれば、長男の名前も「瑠偉」になっているはずでした。それだけラモスが好きだったわけです。え、何が?それはあのスピリット。そして、テクニックです。蹴る、止めるというサッカーの基本技術をあの時代にあれだけハイレベルでこなしていたのは、ラモスしかいませんでした。まぁ、その後「小野伸二」という日本至上最高のテクニシャンが登場するわけですが…

話が逸れたので戻します。



折角のワールドカップに出場するのに、

このユニフォーム…

今からでも変えられないのでしょうか?

だって…

私、自分たちのチームが依然作ったユニフォームの方がカッコ良いと思いますもん。

 


 



何年前の写真だって話ですが(笑)

この時もちゃっかり背中に「RAMOKICHI」とか入れていますので、

私のラモス愛が相当だとお分かりいただけるでしょうか?

※そういう趣味ではありません(笑)

ユニフォームって…

それを着て選手が必死に闘い、

それを着てサポーターも必死に闘う、

いわば戦闘服です。

だったら…

もっとカッコ良く、シンプルなものにすればよいのに…

なんて思ったという超どうでも良い余談でした。



で、おまけですが…

自分のチームのユニフォームの写真を探していて、超レアな写真を発見しました。

その1 中学生時代の哉子先生。キャンパスの記念すべき第1回BBQ大会。




めっちゃ懐かしい(笑)

これ、自分は何歳だ?って話です。

哉子ちゃん、ゆーや&たっか、あらた、ゆーかちゃん、りょーすけ…

懐かしすぎます。

※今だからカミングアウトで出来ますが、この頃は私のアパートに連れていったり、夜中に寒風山に連れていって、「絶対に合格すると叫べ!」という命令を出したり、、、無茶苦茶ですわ(笑)



その2 手作り教材「愛プリ」
 



この頃…

塾教材の種類もさほど分からず、

どの教材がどういう特性を持っていて、どう使えば良いかもわからず、

自分が指導したい方法に沿うテキストが無いという理由で、

手書きでプリントを作ってました(笑)

クォリティも、今考えればヒドイ(笑)

でも、熱量自体は今と変わらずとも、

当時私にはなかった「経験」を補うために必死だったんです。

※今も必死です(笑)

で、手書き(笑)



あーーー、なつかしーーーー

ということでお仕事再開します。

おはようございます。

まずは本日もお礼から…

りんちゃん&のどちゃんママさん、けーいちママさん、お気遣い頂き申し訳ございませんでした。

有難う御座いました。

本当に…いつもいつも思います。

ナンテメグマレテイルンダ、と。

心より感謝申し上げます。


さて…

この冬期講習は毎日毎日授業のことばかり書いていますので←塾ブログですので当然ですが(笑)、

今日はちょっと余談を…

実は昨日の深夜、超久しぶりに高校サッカーを見ました。

選手権の決勝の青森山田vs前橋育英ですね。

とりあえず驚いたのは基礎技術の高さ…

いや近年のレベルがあのくらい高いのか分かりませんが、

Jクラブのユースもこれだけ整備できたこの時代に高校サッカーがあれだけレベルが上がっていることに純粋に驚きました。

僕らの時代も…

上手な選手は確かにいました。

一番身近にいた現アントラーズ満男さん。

小野伸二、中村俊輔などなど、高校サッカーでも「天才」と呼ばれる選手はいたわけです。

でも「高校サッカー全体のレベル」としては、昨日の試合程高くはなかったように思います。

◆トラップの技術

◆正確な技術

◆広い視野

◆次のプレーのイメージの共有

◆中盤での激しい攻防

いや、純粋に見ていて面白かったですし、

「うまいな~」と36歳のおっさんが高校生のプレーに感動してました。

あれ…

勝負に「たら、れば」はないのは確かにそうなんですが、

前半の押し込んでいた時間帯に前橋育英が1点でも入っていれば結果は絶対に違っていたと思います。

仮に勝敗は変わらなかったとしても、点差はあんなには開いていなかったと思います。

ただ、昨日は前橋育英は運が無かった…

それに尽きるように思います。


いや、しかし…

面白かった。見応えのある、良い決勝だったと思います。


そして、青森山田のGK…

彼、スター性を兼ね備えすぎですね。

キック力にその精度、しかもちゃんと弾道を使い分けて蹴れるし、

1対1でも迫力ある飛び出しが出来る…

しかも、イケメン(笑)

もう少し身長が…とも思いますが、川口能活選手も背はそんなに高くなかったですし、

日本を代表するGKになってほしいと思います。


そして…

秋田ではもう1つの絶対に負けられない闘いも繰り広げられていました。

昨日は全学年模試で3年生が外部模試だったので、「なんとでもなる」1日だったので、

こーたママさんから「決勝まで行ったので模試遅れます」連絡を頂いた際に、

時間と会場を聞いて少しだけ観戦に行ってきました。

結果は残念でしたが、必死にボールを追いかける中学生の姿はやはり良いですね…

そして、「メンタル」がどれだけ試合に影響するか…

それも痛感させられたと思います。

とはいえ、その後もちゃんと塾に来て模試を受け…

こうやって部活も頑張って、勉強もがんばる中学生の姿には私も大きな刺激を貰えます。

中学生にとっての集大成は中総体。

そこで良い結果を残したければ、この冬が勝負ですね。

ガンバレ、キャンパス生!
土曜日の勝平補習であゆみを通し、合宿を手伝ってくれたOG生しおりからお手紙を貰っていました。

で、土曜の夜にゆっくりとそれを読んだわけですが、

ちょっと涙ホロリでした。

しおりちゃん…ありがとうね。

先生はあの子たちを全員合格に導けるように全力を尽くすよ。

しおりも自分のすべきことをしっかりと頑張るんだよ。

まぁ…言われなくてもちゃんとやる子だけども(笑)



で、タイトルの件です。

昨日は久しぶりにキャンパスの在塾生&OB生でフットサルをしました。

本当は…OB生にも全員に声をかけたいのですが、

自分が高校生徒のSNSつながりをしていないため、こういう時は不便が生じます。

これだけグループを作ろうかな…ともちょっだとけ思っています。


そんな昨日ですが、まぁそれなりに集まって楽しくやれました。



 

最初は全部ごちゃまぜにして数試合。

その後は中学生&高校1年生で2チームに分けて、ゲームシャツ争奪戦と、

先生チーム(&アキスポコーチの加藤さん、尾形さん)vs卒塾高校3年生での試合を行いました。

中学生チームの試合を見ていると…

本当に生き生きしていて良いです。

普段、教室で眠そうな表情をしている彼や毎回のように一時退出&眠気覚ましを命じられる彼が、

目を輝かせて頑張っている姿(笑)…

何とも心がほっこりします。

そして、高校生…

今年の3年生の代、そして昨日も来てくれた拓朗先生の代でしょうか?

泉中の主力選手が多数在籍していました。

特に、拓朗先生の代にはの頃は僕も結婚していませんでしたし、子どももいなかったので、

日曜日は夕方まで塾を開校し、その後はフットサルなんてことも珍しくありませんでした。

で、彼らの年代とやると分かります。

自分が如何に衰えているのかを(笑)。

卒塾したとはいえ、

自分が教えているのは勉強だとはいえ…

5年前までなら、遊びであっても、10分のゲーム一本ですら、負けるのが嫌でした(笑)。

で、中学生を相手に、高校生を相手にむきになってやってました。

が…

ここ数年、もうむきになっても敵わない(笑)。

その頃から、良い意味で諦めがつく様になりました。

※それでも、社会人の県リーグではやはり負けたくないと思って結構必死にやってますが。



話を戻すと…

こうやって、在塾生と卒塾生が1個のボールでコミュニケーションをとれる。

これもサッカーやフットサルの良さだと僕は思いますので、機会を見て、是非またやりたいと思います。



おまけ

昨日の争奪戦でのレア度NO1のゲームシャツは、静岡学園のゲームシャツでした。

それを、文字通り「ささっ!」と有無を言わさず持っていたT純の姿…

やはり純Pの弟なのだと再認識しました(笑)

そして、T純に純P、クリステルとテイラー…

兄弟で球を蹴っている姿はやはり微笑ましいものがあります。

※昨日は聖は来ましたがUは来れなかったので兄弟は3組でした…

男兄弟…

良いと思います。

まずは、土曜日に書けなかったので…

ももかママさん…温かなお心遣い有難う御座いました。

講師みんなでおいしく頂きました。

そして、講師の森川T…お帰りなさい!そして、お土産もありがとう!

良い思い出も経験もしたでしょう。

また、学生生活を頑張ってくださいね。



さて、気付けば9月も今週で終わりです。

今週、受験生は実力テスト、そして来週末には受験生合宿。

それが終ると、受験生の三者面談が始まり、並行して冬期講習の準備を進めていくこととなります。

僕は僕でしっかり進めるべきことに取り組み、目の前の指導を大切にしていきたいと思いますし、

塾生には…

それぞれの目標に向かって頑張ってほしいと思います。


で、話は昨日の日曜日…

昨日は久しぶりに日曜日と息子のサッカースクールの開校日が重なったので、

その前にマッハで2台の洗車を終わらせ、スクールには僕が付き添いました。

で一つ気付いたこと…

入口の靴が綺麗に揃っていました。

以前は子どもたちが靴を脱ぎっぱなし常態で結構乱雑な状態だったのですが、

久しぶりに言ってまず気付いたのがそれでした。

サッカーも大切です。

速く走ることも、ボールを蹴ることも止めることも大切です。

でも、こういう場で大切な社会性を身につけていくことも同じくらい大切だと思います。

何だか入口の時点で嬉しくなりました(笑)。

そしてスクールが始まってから、しばらくは息子の様子を観察…

まだまだコーチの指示を正確には聞き取れないな~と思いながら、

それでも転んでもボールがぶつかっても一人で起きて球を追いかける姿には成長も感じました。

※まぁ、一回頭に飛んできたボールがぶつかって泣いてましたが(笑)

※我が家は自転車で転んでも「泣くな!」で済ますので、少し強くなってもきました(笑)

で、前半の個人スキルアップの練習から、メニューは後半のミニゲームへ…

ここでは、僕も小学校低学年の生徒に混ざって、

前日の佐久間Tのお祝いで残っていた酒を全て出し切るように清々しい汗を流せました。

というか…

子ども達を全員含めても、僕が一番汗をかいていたかもしれません。

大して動いていないのに、汗ダク…

アルコール、恐るべしです。


で、そんなミニゲームの中でも感じたことが多々ありました。

低学年の子どもを見ていても、やはり「差」はあります。

身体能力もそうですし、ボールを扱う技術もそう…

で、もう一つ…

「動き方、ポジション取り」です。

これ、前日観に行った中学生の新人戦でも思ったのですが、

例え足が速くなくとも、とびぬけたテクニックが無くても成長できる面なのに、

そこの意識が低いよな~と思ったからです。

で、そういうこともあったので小学生のミニゲームでもそれが頭に残っていたのですが、

既にその辺の中学生よりも出来ている子も(笑)

こういうのは「慣れ」で出来るようになっていくんでしょうが、

でも考えてサッカーしない子、そしてそれを教えられたことがない子は厳しいでしょう。


で、改めて思うわけですね。


指導者がいかに大切か、と。



指導者が熱ければ、選手も熱くなれる。

指導者が本気ならば、選手も本気になれる。

指導者が本気で選手を上手にしたいと思えば、選手も上手になっていける。


自分で考えて上手くなっていく…

それは限界があります。

というより凡人には無理です。

コーチという役割をこなす大人と、細かなところを指摘し、育てるための専任コーチ(=親)…

ここが合致して、子どもたちは伸びていくのだと思います。


やっぱり、最終的に大切なのは「本気さ」だよなと…

子どものサッカースクールを通じて、そんなことを感じたある日曜日の午前でした。


※ちなみに、その後…

大好きなパンダラーメンで味噌ラーメンと餃子を食し、

ニトリで長女と長男の2段ベッドの布団カバーを買い(先週デビューしました)、

その後ラウンド1へ(いい加減、僕は飽きたのですが、まぁ約束していたのでしょうがない…)。

子どもたちは十分に日曜日を満喫できたようです。


ということで、また1週間…

気愛で頑張ろうと思います。
今日は既に1つ作成物が完了。非常に良い感じです。。。

ということで、次の作成物に着手する前に気分転換ブログを…


いつの頃からか…ワールドカップが近付いても、若かりし頃のワクワク感とまではいかなくなりました。

それよりも、

定期テスト対策や中総体観戦…

自分が直接蜜に関わっている子どもたちの様子の方がやはり気になるようになったわけです。

とはいえ、やはりサッカーも好きなので、見れる時には見ている…その程度です。

でも、今日に関していえば、僕にとってのゴールデンタイムに日本代表がコスタリカと試合。

いや~…見れましたよ。ゲオで。軽く走りながら(笑)

おかげで、いつもは30分と決めているランニングマシンに、今日は50分も。

そのおかげで、時間の関係上筋トレは却下となったわけですが。



まぁ、既ににわかファンレベルなのですが、見ていて感じたこと…

前半の途中から後半の途中までしか見ていないので、あくまで自分が見た時間帯での話ですが。


①岡崎、長友、大久保は◎

今日に関していえば、前半から後半途中までは左SBは今野でしたが、やはり縦に抜ける気はしない…

長友は、やっぱり「つっかけ」が出来るし、それによって相手のSBも振られたり…

インテルでレギュラーは伊達じゃないんだな~…と感心。

そして、大久保と岡崎は、やっぱり動き出しが上手いですね…

あれは、出し手はパスが出しやすいよな~、と。

特に、今日に限って言えばコスタリカの守備ラインはかなり曖昧だったので、その中での動き出しは非常に効果的でした。

②願う!復調!!本田

先述の通り、殆ど見ない(見れない)代表戦ですが、それでも前回見た時は(いつか忘れましたが)、

やはり香川が別格。ターンの上手さ、スペースの入り方、本当にすげー!

で、本田も強い。とにかくバランスが良いし、スピードは無くてもその分「タメ」を作れる。そのおかげで前線も動きやすくなる…

そんな感じでした。

でも、今日に関していえば…

とにかく一歩が出ない…そんな印象でした。本人は相当歯がゆい思いをしながらやってるんだろうな~…

と思ってみていました。

当日までのコンディション次第では、ジョーカーに残しておくという選択肢もあるでしょうが、

やはりあのタイプの選手は今の日本代表には本田しかいないんでしょうから、

やっぱり復調して欲しいですね…

③頑張れ!ニッポン!!

にわかでは有りますが、それでもやはり頑張って欲しいわけです。

自分では調べていないので、詳細は分かりませんが・・・

今日の試合中の告知を見る限りでは、15日の試合は見ようと思えば見れる時間でした。

が、その日は…

秋田でも「絶対に負けられない戦い~中学生バージョン~」がある為、やはり見れない…

録画しても、恐らく見ない…

というか、息子に勝手に「トッキュージャー」か「仮面ライダー」に変えられる…

まぁ、結果をヤフトピややべっちFCで見ながら、楽しみたいと思っていますが、

是非いけるとこまで…

何とか予選突破して欲しいと思います。


頑張れ!ニッポン!!


さて…シゴトシゴト…
2013/05/17(金曜) 15:10

ベッカム、引退…

驚いた…

ヤフトピに、ベッカムが引退という衝撃の見出しがあったのだ。

僕はサッカー、フットサルが好きだが、大学卒業後はめっきりやる機会も見る機会も減っていて、ここ数年はほっとんど見ることが無かった。


それでも…

僕が高校生の頃だったか、大学生の頃だったか…

ベッカムのプレーを見て、顔を見て、「なんじゃ、このイケメン選手は!」という衝撃を受けたのを覚えている。

赤いユニフォームを身にまとい、

斜め60度くらいに体を倒しながら放つ、芸術的なキック…

同じくキックを武器とする元日本代表の中村選手もそうだが、

スピードが無くとも、サッカーの基本「止める・蹴る・走る」の1つでも突出していれば、やり方次第ではプロでも活躍し、最高峰の舞台までいけるんだということを体現してくれた選手だと僕は勝手異に思っている。

ちなみに…

走るを武器に日本代表まで上り詰めたといえば、やはり岡野だろう…

あのソバージュのような髪型で、別にスライディングする必要がないのにわざわざスライディングして決めたワールドカップ出場を決めた1点。

懐かしい…


話を戻すと、ベッカムはキックだけに優れた選手だといいたいわけでは決してない。

戦術眼にも優れていたし、

やはり「止める」という技術、つまりトラップもかなり上手かったと記憶している。



にしても…

やはりここまでベッカム人気を押し上げたのはあの「顔」であろう。

カッコ良いもんな、本当に。



ということで、サッカー界に偉大なる功績を残したイケメン選手の引退…

残念です。
スマートフォン解析