受験生とは

受験生とは (177)

2018/12/04(火曜) 11:29

昨日中3生に伝えたこと

まずは…

今日は御野場中生が定期に挑み、中3生は実力テストに挑んでいます。

まずは最後まで、

問題をしっかり読んでやり抜いてほしいと思います。

がんばれ。



さて、表題の件です。

昨日はブログにも書きましたが、

3年生はフリー演習にしていました。

それで、です。

3Sクラスの同じ教室では、

定期前日の中学1年生が必死に勉強していました。

私は前半、3Aの教室に入っていたのですが、

B教室の3Sクラス生がかわるがわる教室を出ていく姿が目に入りました。

トイレに行きたかった子もいるでしょうし、

眠気を覚ましたかった子もいるでしょう。

でも…

同じ教室で勉強している1年生は黙々と、

休憩時間になっても立ち歩くことなく、

真剣に勉強していました。

で、私は思ったわけです。


県のトップ校や準トップ校を狙っている子が多いというのに、

あの1年生の背中を見て(物理的に一番前で勉強していたので)、

何とも思わんのか?



しかも…

テスト前日。

勿論超集中でやっていた子も複数いたのですが、

ちょくちょく立っては教室を出たり、

ぼーっと天井を眺めたり…

中には完全に居眠りしていたり…


いやいやいやいや…

繰り返しになりますが、

私は率直に思ったんです。

「なんとも思わんのか?」

と。

あの1年生の必死な姿を見て、

あの黙々と勉強している姿を見て、

なんで何も感じないの?

受験生として、

先輩として、

恥ずかしいって思わないの?


で、我慢しきれずに言いました。

休憩時間直後に。

上記のようなことを。


で、結果的に後半は…

後半コマの90分誰一人席を立つことなく、

誰一人居眠りすることなく、

真剣にやってるわけです。


いやね…

それをやろうよ、最初から。

俺に言われたからとか、

親に言われたからとか、

そんなんじゃないでしょ?と。

誰の為で勉強で、

中にはこのままでいったら絞校には届かないって子だっているわけです。

複数。

しかも…

12月の実力テスト、1月の実力テストは



結果を出すぞ!



って話をしていたわけです。

私の中では、

今回のと1月の実力テストは今年度で最も大切なテストだから。

でも…

その大切さが伝わっていない…

というか、

そういう自覚を持てていない子が複数いたわけです。


いいでしょうか?

入試本番…

どんなにつらくても、

どんなに緊張しても、

誰も助けてくれません。

そこで踏ん張るのは君です。

その時…

君を支えてくれるのは、

「そこまで本気でやりきった」という自信と、

そこまでに出してきた「結果」です。

なのに…

いいんでしょうか?

昨日の様な状況で…


今日で全中学の実力が終わりますが、

今日以降…

昨日の様な時間の使い方になるようであれば、

まぁ入試結果はかなり、かなり厳しいと思いますし、

この受験勉強で得られるものもあまりないと思います。



誰でもない、自分の為に…

1日1日を、1コマ1コマを大切に…


勉強に向かってほしいと思います。

この時期の受験生が…

中学1年生の「本気」に負けているようでは話になりません。

この時期の受験生が…

居眠りとか集中力とか、そんなレベルの注意をされているようでは話にならないのです。




絶対に全員で合格る



これはみんなのミサンガにも書かれている文言です。

でも、まずはその為にまずは自分です。

一人ひとりが、

まずは自分自身の勉強に、行動に責任をもって、

合格するための行動をしなければいけないと思います。

高校入試は現実です。

何とかなるものではありません。

何とかするんです。

自身の努力で。

辛い思いをして、

悔しい想いをして、

それでも踏ん張って。

だからこそ、

得られる経験があって、

そういう経験が自身にとってかけがえのない財産になっていくんです。


まずは今自分がすべきことを全力で…

がんばれ、14期生。
2018/12/02(日曜) 12:34

日曜開校12月2日

今日は日曜開校です。

明日、明後日の実力に向けて今日出来ることをする。

今日出来ることに全力を尽くす。

1分1秒を大切にして、

覚えるべきをしっかり覚え、

頭の中に叩き込み…

最善を尽くして、

実力テストに向かいましょう。

がんばれ、14期生!
★更新情報★平成30年11月23日更新情報

平成30年度の冬期講習及び新中学3年生の追加募集、及び平成31年4月入学の新中学1年生の入学準備講座、31年4月利用開始の小学生対象放課後児童支援学童スクールのご案内を掲載しました。
ご興味御座います方はこちらをご覧下さい。

※学童スクールのご案内はこちら、学童スクール開設に至る経緯はこちらです。



明日は表題の通りラスト2回となるうちの1回の外部模試です。

今年1回目の模試は、

その模試の諸々の事情により志望校判定、偏差値数値が高すぎたわけですが、

それにより模試を甘く見ていた子が少なからずいました。

で、前回の模試…

その「甘い認識」は一気に吹っ飛び、

危機感をもって勉強に向かう受験生の割合が「また」増えました。

部活引退を機に、

夏期講習を経て、

受験生合宿がきっかけとなって、

模試の結果に大きな危機感を感じ…

その子その子で火が付いたタイミングには差がありますが、

徐々に勉強に向かう姿勢が向上してきているのは間違いありません。


そして、

ここからはいかに「本気度」を上げて日々の勉強に向かえるかです。

明日の模試を本番だと思って今日の勉強に取り組めるのか?

明日の模試中…

本当の入試だと思って、

諦めずに最後まで問題を必死に読んで、

やりきってこれるのか?

同じ時間机に向かったとしても、

その本気度の差は積み重ねた時間に比例して、

どんどん大きくなります。


何を言いたいか?

まずは今日1日です。

今日1日を本気で勉強に向かい、

最善を尽くして明日に向かって下さい。

本気で勉強する…

言葉にするのは簡単ですが、

その実践はそんな簡単なことではないです。

そして、

明日の模試終了後…

皆の課題はそこです。

これを見て下さい。





一昨日の木曜日に早速提出された1年生のテスト直しノートです。

悔しかった…

残念だった…

本気でそう思うなら、

その想いは行動になるはずです。

こんな感じで…

でも、それが何も行動に移されない。

それではやはり厳しいのです。

加えて…

自己採点です。

2回とも、

模試の自己採点と実点数で100点近く開きがある子がいます。

気になる子には、

個別にその理由も伝えましたね?

明日はその点も注意して、

帰宅後の自己採点に取り組んで欲しいと思います。


ということで、

時間なので勝平教室に行ってきます。



おまけ①

昨日は初めて夜中にジムに行きましたが、

良いですね…

気分も全然違います。

加えて…

深夜1時過ぎにランニングをしている人も複数いたり、

マシンで鍛えている人も複数いたり、

結果的にトータルで10名くらいはいたんじゃないでしょうか?

24時間営業の恩恵…

折角だから享受しまくりたいと思います。

おまけ②

今日の午前は娘の体操に久しぶりに付き添いましたが、

そこに学童スクール生のSちゃんが。

いや~…

さすがですね。

跳び箱も鉄棒も上手でした。

3年後には長女もこういう風になっているのかな…と。

長女は長女で頑張ってやっていたので、

その姿を見れただけでも良かったな…と。


ということで充電満タンなので、

私も今日1日頑張っていきたいと思います。


でもって…

今日も仕事終わったらジム行こうかな(笑)
※キャンパス21更新情報※ 11月16日更新

【学童スクール来年度の利用申し込みについて】

近日中に案内をこのブログからLINK出来るようにしますが…9月から来年度の学童利用の予約を少しずつ頂いてきました。そして、現状で仮申し込み頂いているご家庭分を除くとあと5名で定員となりました。もし来年度のご利用をご希望の方がいらっしゃいましたら、お早めにお問い合わせを頂けますようお願い致します。尚、学童スクールのご案内はこちら、学童スクール開設に至る経緯はこちらです。

【冬期講習について】
今年度の冬期講習は小学5年生~中学3年生部まで実施致しますが、中学1年生~3年生までは全学年定員の為講習会生の募集は御座いません。小学5・6年生は参加生を募集しておりますのでお気軽にお問い合わせ下さい。尚、冬期講習のご案内も既に出来ていますので、近日中にHPに掲載します。

【学習塾キャンパス21の来年度に関して】
先述の通り、現在中学部は全学年募集を停止しておりますが、現2年生は新中学3年生となるタイミングに合わせて若干名の追加募集を行います。既に予約を頂いているご家庭も御座いますが、2月から随時無料体験を受講頂き、その上で正式なご判断を頂きますので、ご希望の方はお早めに体験授業予約を頂けますようお願い致します。
尚、現小学6年生さんも中学入学を控えていますが、2月から例年同様中学入学準備講座を実施致します。中学入学準備講座のご案内も既に出来ておりますので近日中にこちらのページとLINKさせますのでもう少々お待ち下さい。


さて、週が明けて月曜日です。

あっという間に11月もあと2週間。

早いですね…

で、今日のブログをと思うのですが余談です。

今後のジムをどうするか考えるべく、

とりあえず先週はエニタイムさんに1週間通いました。

で、とりあえず分かったことは…

✓平日は9時から10時00分位なら余裕でマシンも使える。

✓土曜日の午前の同じ時間帯は、平日よりは混むがそこまでではない。ちなみに、9時前に到着しましたが、ランニングマシンは5分待ち位で使えました。で、その後…結局私が走り終わった頃(30分後)には、マシンは空いていました。

✓Y、Sのグランパも毎日通っていること(笑)継続のみ力なり、ですね。孫2人にも見習わせたいです(笑)


ついでに、私が耳にした情報によると…

✓夕方の込み具合は半端ない(らしい)

ってこと。

ただ、これに関してはSDさんの夕方がどういう感じなのか知らないので、

実際は大して変わらないのかもしれませんが…


で、私的に大きいのは…

やはり移動時間ですね。

片道20分、往復で40分…

塵も積もればで、

これが週6日となると240分、4時間です。

その時間で出来ることは多々あります。

ついでに…

人間は慣れる生き物なわけですが、

私も例に漏れず…

土足で入室するのも、

個室のシャワー室も、

慣れました。

あとは、もう1週間くらい様子を見て、

最終決定しようと思います。




では、本題です。

昨日の日曜開校、

定期前の中学1.2年生はみんな頑張っていました。

が、中学3年生は登塾して自学に励んでいたのが8名のみ…



おいおい…マジすか?


昨日はそう思いながら1日を過ごしました。

三者面談も9割以上終了しています。

その内9割以上の生徒は面談で、



現状のままでは届いていないよ。

現状のままでは安心できないよ。

ここから上げていくんだよ?

ここからもっと質を上げて、もっと勉強に費やして、

そうして志望校合格に向かっていくんだよ?




そういう話をしたにも関わらず…

昨日の登塾は8名…

いや、勿論…

自宅で出来る子は問題ないのです。

が、恐らく今年の中学3年生でも

自宅で集中して、

塾でやる以上に集中して、

誘惑に負けず、

自分に負けず、

しっかり出来る子はいても3人です。

3人。

じゃあ、それ以外の子はどうしているのか?

私はそう思うんです。

来週日曜日(18日)には模試を控えていますが、

そこに向けて実力テストで表面化した穴を埋める勉強は出来ているのでしょうか?

しかも…

今週に定期テストを控えている子も多いわけです。

その範囲の学習も順調ですか?

仕上がってますか?

ね?

やんなきゃないことは、いくらでもありますね?

そんな中で、

昨日はしっかりやれましたか?

勿論、

塾も毎週日曜日を開講できるわけではありません。

が、

テストの日程を踏まえて、

必要だと思う所は出来るだけ開講しています。

にも関わらず、

来ない…

置くべき環境に、自分を置かない…

でも、志望校には合格したいという。

親御さんの目の前でも頑張ると断言する。

でも、

日曜開校には来ない…


私には、1つの想いしかありません。





口ばっかり…






何度も言いますが…

やる子はやってますよ?

やるべきことをやってるから上がっているんですよ?

口だけ星人。

有限不実行人間。

そういう子で結果を出している子はいません。

一人も。



で、昨日のことを振り返って…

反省点があるなら、

まずは今日からその分を取り戻して下さい。

来週は模試なので日曜開校はありませんが、

12月2日は実力テスト直前の為開校しますので、

そういう機会を大切にして下さい。


口だけ星人や有限不実行人間は…

卒業しましょう。



ということで、

私自身も口だけ星人、有限不実行人間にならないように、

頑張ります。
三者面談の際に「受験生の帰宅後~登塾まで」の様子に関してご質問を頂くことが複数あったのでここでアップしておきます。本日の1番のり、2番のりの受験生(インチョウとMの二人)は既に勉強を開始しています。二人とも、到着後即着席し、黙々とペンを走らせています。インチョウは改めて定期テストまでの作戦を考えているようですし、Mは教科書の黙読から開始しています。良いですね、こういう感じ。帰宅後昼寝をするのも良いですが、20分以内にして下さい。ゲーム、テレビ、マンガで過ごしてしまっている子は、既に「そういうモード」で勉強を開始している子がいることを知って下さい。
2018/09/14(金曜) 13:10

中学自習室の効用

お知らせ~9月14日更新情報~

◆現在の塾部門の定員状況に関して
 本当に有難いことに、今週に入ってから毎日のようにお問い合わせを頂いておりますが、現在泉教室の中学部は全学年定員の為募集を停止しております(中学3年生は募集終了)。身に余るお言葉を頂くこともあり本当に恐縮なのですが、現状キャンセル待ちをご案内するしか出来ない状況になっております。申し訳ございません。但し、中学2年生部は3年生に進級する際に若干名の追加募集を行い、今年度の中3生同様の形式で受験に向かっていく予定でおります。少し早いですが、そちらの予約はお受けできますので、もしご希望の際にはお申し付け下さい。「超早期予約」をさせて頂きます。
 尚、小学部は全学年大募集中ですので、ご興味御座います方は是非体験授業をご活用下さい。

◆学童スクールの新年度予約に関して
 有難いことに、こちらもお問い合わせを頂いておりますが、見学と体験は随時可能ですのでご希望の場合にはお問い合わせを頂けますようお願い致します。こんなに早い段階でお問い合わせを頂くという事実に少々驚いているのと、学童として新年度準備に対する認識が薄かったと反省しております。来年度以降は、この時期にはしっかり何かしらの発信を出来るように準備します。



今週から息子の朝トレに長女も参戦し、

持久走の練習を始めていますが…

子どもってなんであんなに走るのが好きなんでしょうか…

笑顔で走っている姿を見ると、

こっちまで嬉しくなってしまいます。

が、疲れたら堂々と歩くのもさすがです…

オンナノコッテムズカシイデスネ。

息子は3位。

長女は10位くらい。

を目標にしているそうなので、

そこは達成出来るようにちょっとずつ頑張って欲しいと思います。


さて、本題ですが、その前に…

こういうのはあくまで、

自主的に、継続して取り組むことが大切であって、

その題材が中学自習室である必要は無い


ということは予めご了承下さい。

※「○○、あなたもやらなくて良いの?先生のブログに書いてあるわよ!」という保護者様のお声がけに、かえって苦しむ子もいるかもしれませんので(苦笑)

毎年のことですが、

自塾生は一定数が魁新聞の中学自習室に取り組んでいます。

卒塾生のものですが、こんな感じです。








国語は語彙や漢字、慣用句やことわざ、古文が弱い自塾生には適しています。

難易度的にもボリューム的にも。

また、数学は(実は)全国の入試問題からもちらほら出題されているので、

中にはかなり骨のある問題も有ったりします。

※これ、本当です。私も以前かなり苦戦して悩んだ問題がありましたが、全国の過去問をちらほら解いていて気づいたんですが、某県の入試問題で正答率0%の問題でした(-_-;)

ちなみにこのノートは現2高校2年生のMゆのものですが、

まぁ…

あの子のことなので、

勉強自体はかなり真剣にやっているのですが、

表紙はこんな感じです。

















さて、話を戻します。

改めてになりますが、

やはりこういう勉強は「自主的に、継続的に」取り組めると、

かなり力が付いていくと思います。


最近は14期生でも自習室に取り組む子が少なくありませんが、

鍵は「絶対に続けること」です。


こういうブログを書くと、

先述のように親御さんのアドバイスでやり始める子がいたり、

自分の中で「じゃあ、やってみようかな…」くらいの気持ちでやり始める子もいますが、

96%の確率で1週間以内に終了しますので、

それは止めた方が良いです。

どうせなら…

国語だけは絶対、入試まで必ず継続する!

とか、絞っても良いので、

「継続する」という約束を自分自身にして下さい。

必ず。

でないと、本当に意味がなくなるので。





で、こういう勉強がどういう形で成果になるのか?

それはやった者にしか分かりません。

そして、

こういう継続的な勉強をやっている子が成果を出している

という事実が存在します。



新しいテキストをやることより、

「入試これだけでOK!」みたいなテキストで楽をしようとするより、

塾や学校の問題集と、

これだけは絶対にやる!

と決めたこと(その例えが自習室)を分かるまで、出来るまで、覚えるまで…

そこまでやりこめば、

まぁぶっちゃけ秋田県内で入学できない高校は無いわけです。

※当然そこまでやりこむのが難しいわけですが。



楽をしようとするのではなく、

決めたことをしっかり継続する。

最終的にはそれが一番の近道だと知って下さいね。



ということで今日も頑張っていきましょう!
おはようございます。

9月3日月曜日…

9月第2週のスタートですが、

今日は朝から鼻水に悩まされています。

ちょっとつらひ。

アレルギーか風邪か分かりませんが、

さっきパブロンを飲んだので全開になる予定の確定です。

で、昨日の日曜は完全休塾。

私は久しぶりのお休みだったので息子のサッカーに付き添った後、

わが家&仲良くさせて貰っている一家で天グリへGO。

野球をしたり、

フリスビーをしたり、

サッカーをしたり、

パンダ自転車に乗ったり…

やはり天気が良い日の天グリは最高ですね。

気温も丁度良いし…

帰宅後もBBQと呼ぶほどのことではないですが、

炭をおこして、

冷凍の焼き鳥とちょっとした焼き物をして、

子どもたちに食べさせて…

しっかり休みを満喫したので、

また今週も思いっきり頑張っていきたいと思います。



さて、表題の件です。

今日は附属中で明日は東中…

この2校の実力テストを経て、

受験生テストラッシュ第1弾が終了となります。

2週間で3つのテストをこなしたことになるのですが、

多分メンタル的にもきつかったと思います。

初めての外部模試もありましたし、

それ故のちょっとしたトラブル(?)に見舞われた子もいました(-_-;)

※気にしなくて大丈夫だからね?


で、いつものことなんですが、

大切なのはテストを終えた「ここから」なわけです。

夏期講習で一定時間を確保して勉強し、

その準備を経て挑んだテストで現状の立ち位置を計りました。

が、その「立ち位置」を点数だけで考えてはいけないわけです。


具体的に「どこ」が現状の穴になっているのか?

数学は計算間違いで何点分落とし、

二次方程式の利用で図形問題には対応できたけど、

動点問題で対処できなかった。

二次関数の変域の問題であれだけ注意するように何度も言われていたのに、

そこでやってしまった。

実力テストでは…

模試では…

そういう振り返りをすることで、

今日から10月の実力テストと模試に向けて、

何をどのようにやっていくべきなのか?

という指針が出来、

自分の学習計画TODOリストもより効果的なものになっていくわけです。



勉強なので…

出来るところをやった方がペンも動くし、気分も良いですよね?

でも、

大切なのは出来ないことを出来るようにすること。

間違えた問題を、

次は出来るようにすること。

凄くシンプルなことなのに、

誰でも考えれば分かることなのに、

それが出来ない…


すると、

自分の中ではやっているつもりでも、

中々結果が出てこないってことになります。


何のための勉強か?

そこを忘れることなく、

この2週間でこなした3つのテストを次につなげるために…

意味のある勉強を実践して欲しいと思います。



ということで、

今週もしっかり頑張っていきたいと思います。

鼻水…

頼む、止まってくれ…
今日は御野場中のK君が定期に挑んでいます。

そして、

そのテストをもって今年度の定期テスト②は終了となりました。

改めまして、

夏期講習から昨日まで…

沢山のご理解とご協力を頂きました保護者様方に心より感謝を申し上げます。

有難うございました。

昨日か徐々に定期結果が返却されていますが、

母数が少なすぎるのでもう少し揃った段階で総括したいと思います。

が…

現状でも確実に言えるのは、

一部の例外を除き、

私にとっては「想定内」の結果になっているということです。

生徒自身が嬉しそうに報告してくれた好結果も。

残念そうに報告してくれた結果も。

それはやはり「結果は過程の延長上にしかない」からです。

だからこそ、

この結果をしっかりと次につなげるために、

「これからどうするか」が大切なんです。

好結果を手にした子は、

それを自信として、

次は更なる好結果を出せるようにまずは直しに着手しましょう。

今回良かったから次も良い結果になる保証なんてどこにありません。

いや、むしろ今回上がったが故に次回も上げるというのはより大変になります。

それを自覚して頑張って欲しいと思います。

そして、残念な結果になった子は…

今一度その原因が何なのか?を考えましょう。

夏期講習で、

対策特訓で、

先生たちに何度も言われていたことを実践できていただろうか?

◆やっただけの勉強では意味が無いよ?

◆説明ページを見ながらやって答えをかけても、テスト本番でそれは出来ないんじゃないの?

思い浮かぶことがあるはずです。

そして、

何度も言われてきたこと…

出来るようになること。それが勉強。

覚えるべきを覚えること。それが勉強。

これをしっかり実践し、

次のテストに向かってほしいと思います。


で、前置きが長くなりましたがもう1つ…

Nっちゃん。

そして、

Hぴー。

わざわざのお土産有難う!

貴重な、素晴らしい経験だったと思います。

この経験を、色々なことにしっかり活かしていくんだよ?



では、ここから本題です。

実は昨日…

ある受験生の保護者様から夕方にお電話を頂きました。

で、お母様は電話口でこうおっしゃいました。

先生、今日○○がバスで行くことになります。

それで、

自習の申請時刻より早く到着しても宜しいですか?

○○は、

「予定時刻より早くついても、遅くついても絶対だめだ!と先生が言った」

と言ってるんですが…




なので、私は即答しました。




言ってません(-_-;)




いや、だってそんなこと言っていないんですもん。

で、その時の私の気持ちはこんなんです。











おい、ホネ太(←もう○○と匿名にするが面倒になったので)






ただ、こういう話は今に始まった事ではありません。

今までも…

◇申請で20時30分からにしているから、それよりも早く行くのは認められていない

◇申請を出していないから、今日行ったらゆうきち先生に怒られる

なんてこともありました。

まぁ、過去13年を振り返っても数件ですが。

ただ、どうしても子供を介するので誤解が生じたり、話が湾曲したり…

子どもたちが自分に都合の良い解釈で保護者さんに伝える可能性も有るので、

こういう「大切なこと」は全て書面にして渡す様にしています。

※今回のほねた君のケースはそういう都合の良い解釈で…とかではありません。恐らく、本気でそう思っていたのだと思います(笑)彼は学力面ではまさにうなぎのぼりで成長中ですが、こういう時に人の話ちゃんと聞いていなかったり、悪気なく曲解することがあります(笑)

で、今回の件もあったので、

改めて自習申請の際に14期生にも話したことを要点を絞ってここに記しておきます。


まず、今年の夏期講習…

中3生数名が自習中の様子で

◇あり得ない言動をとった

◇他の受験生に多大なる迷惑をかけた

ということで私の逆鱗に触れ、

1名は居残り自習禁止&以後同様のことがあった場合には退塾という勧告を出され、

2名が厳重注意で以後同様のことがあった場合には受験まで自習禁止という勧告を出されました。

私に。

で、その際に改めて受験生全員に自習の際のルールを伝えました。



◇筆記用具の貸し借り、テキストや解答の貸し借り含め、私語は絶対に禁止。
 これ、当たり前すぎる話なのですが、残念ながらまだこういうことを明記しないといけないレベルにある子が多いというのが現状です。これは14期生に限らず、去年もその前も…人数的な問題もありますが、まずはこの段階を早く脱したいし、そういう指導をしていかなければならないと思っています。

◇自習中、授業中問わず手紙のやり取り等は発覚した場合には退塾措置。
 措置として厳しいと思うかもしれませんが、自習中に「勉強と関係ないことをしている」と言う時点でその場にいる意味がないんです。加えて、勉強すべき立場にあることも自覚できずに、自習すべき場所で手紙を書いている子が勉強云々なんて話ではないんです。保護者様方から毎月頂くお月謝も、どぶに捨てているようなもの…「いやいや、そういう子をどうにかするのが塾だろ!」って話なのは十分承知しているのですが、恐らく保護者様方が思っていらっしゃるよりもかなり頻繁に、かなり具体的に日々話をしています。にも関わらずそんなことをやっているというのは、残念ながら私では力不足過ぎるのです。お月謝を頂く資格すらない。よって苦渋の決断ですが、それしか道はないと思っています。

◇通常授業の宿題など、通塾に関して発生する当然の義務をしっかり果たすこと。




他にもありますが、

これらは実際に皆様にお配りした申請用紙に書いてあることです。

ただ…

私自身の言葉足らずで生徒に誤解を招いている可能性もありますので、

申請用紙には書いていないことも何点か追加事項として記しておきたいと思います。



①私が厳しく対処するのは「事前連絡がない」場合です

申請用紙の注意点④にも

申請した開始・終了時間を守り、遅刻・欠席・早退の際には必ず連絡を入れて下さい

と記しています。

恐らく…ホネ太君の解釈はココにあったのだと思います。

申請した遅刻・終了時間を守り…

そうか…と(←というか、私も今初めて「そういうことか!」と思いました(笑)

ここでいう「時間を守り」というのは、

開始時間に遅れないようにして、

終了時間より前に勝手に帰宅しない

ということを指しています。私は。

のでそれより早く到着するのと、私を含めた講師に伝え、必ず親御さんの許可をとれば、

申請時間より遅い時間までやるのは構いません。

これ、実は昨日の2年生にも言いましたし、

2年生にはこれまでも数回同じことを言ってきました。

事前に練習時間が19時までと分かっているのなら、

何で予め自分で遅刻の申請用紙を出すとかの手段をとらないの?と。

繰り返しますが、昨日が初めてではありません。

だから、

昨日も1名…一昨日の時点でちゃんと「明日の一斉に送れます」と本人が電話で伝えてくれました。

事前に分かっていることであれば、

ちゃんと事前に連絡できるように…

これは社会でも求められる当たり前のルールです。

だって…

デートに送れるのが分かっているのに、

待ち合わせの時間直前に「ごめん!30分遅れる!」なんていうアホがいますか?

私ならそういう価値観の人とは合わないと思って、

二度とその人と会うことは無いでしょう。

部活の試合に間に合わないのが分かっていて、

試合開始直前に「すいません!30分遅れます!」なんて監督に言えますか?

絶対に事前に連絡しませんか?

仕事の会議があるのに、

その直前に「

すいませーん!元々わかってはいたんですけど予定が長引いたのであと1時間遅れます」

なんて言った日には、

こんなやつとは仕事をしたくない!

と誰もが想うことでしょう。

そういうことだと思うんです。

だから、

遅刻する、欠席する、早退するという場合には必ず事前連絡が必要ですし、

早めに分かっているのであれば、分かった時点で教えて欲しいと思います。


②友だちに合わせるのではなく、自分で家族で決めること

友人と自分の生活リズムは違います。

親の仕事も違えば、

就寝時間も起床時間も違います。

だから、

友人と同じにしよう!

なんて幼い考えで決めるのは止めて下さい。

という話は14期生にしています。



③居残りしたから出来るようになるのではありません

ここに関しても触れておくべきかなと思いますが、

まずは春の保護者会でもお伝えしましたが、

私は居残りを推奨しているわけではありません。

理想は、

授業(自習)後は帰宅し、

入浴や翌日の準備を済ませ、

各々の就寝時間まで自宅でやるべきことをやる

という状況だと思います。

が…

自宅に帰ると携帯や誘惑が多くて出来ない…

という子の方が多いが現状です。

だから、そういう現状を踏まえて、

帰宅後携帯やら動画やら無駄な時間を過ごすくらいなら、

30分でも1時間でもやっていけば?

と思っているのは事実です。

もしくは帰宅して即寝て、朝起きてやる。

ただ、これも生活リズムが十人十色です。

巷ではいかにも「朝型が良い!」みたいな風潮がありますが、

少なくとも私は夜型です。

※ここでいう朝型とは4時とか5時に起きて勉強することを指しています。6時に起きる…なんてんは朝型でもなんでもありません。私の中では。

絶対に。

だから、こういうのは自分で試行錯誤して、

リズムを作っていけば良いと思います。


が…

絶対に勘違いしてはいけないのは、

居残りをして塾にいても身になる勉強ができていなければ何の意味もない

ってことです。

●時まで塾にいた。

●時まで塾で勉強した。

口にするのは簡単ですが、

それが成果になってこないと、

自分が余計カッコ悪くなります。

何のための居残りなのか?

自習も同じですが、

そういうことをちゃんと考えましょう。


と中途半端ですが、

気付いたらこんな時間です(-_-;)


さっさとお仕事再開します。

と一旦アップしたのですが、もう1つだけ…

注意点①の入試が近付いてきてから「やはり居残りしたい」等は基本的に認めません。

としていますが、

実際は去年も一昨年も認めています。

が、

それで成果が出たとは言えません。

やはり、

しっかり上がっていく子は時間をかけ、

しっかり目標を掲げ、

そこに向かって努力をした子です。

だから、です。

「後から」じゃなく「今から」…

そう考えて欲しいと思っているから、

そういう書き方をしています。

以上を踏まえて、

今日の授業時に自習申請を提出して下さい。

くれぐれも自習申請を忘れた…

なんてことが無いように…




















★平成30年度夏期講習泉教室のご案内はこちらです。
☑小学5年生は残席2席となりました。ご検討中の方はお早めにお願い致します<(_ _)>
☑泉教室中学部は全学年募集を停止させて頂いております。


★平成30年度夏期講習勝平教室のご案内はこちらです。
☑中学3年生は残席わずかとなりました。ご検討中の方はお早めにお願い致します<(_ _)>

★学童スクール夏休み短期利用ご案内はこちらです。






昨日18時頃…

11期生の「カツオ」君が久しぶりに登場しました。

※いや、リアルに卒業して初めてじゃないか?

カツオくんと言えば…

9月にはD判定だった志望校(秋田南)に果敢に挑み、

「12月の模試で無理そうなら南は無理だと思ってやれよ?」

という私の助言(脅迫)にも負けず、

毎日毎日深夜まで頑張って勉強し、

12月の模試ではB判定まで上げ、

模試でBが出ただけなのにお母様に

「今日はお祝いで寿司を用意してくれ!」

と言い放ち、

私に

「なんでよ!なんも決まってねーだろ!」

と指摘されても笑顔でかわす…

で、結果見事に志望校合格を勝ち取ったという…

そんな超強者です(笑)



2年4か月経ってもカツオくんは当時のカツオくんのままだったのですが、

「おー!カツオ!久しぶり!!」

という私の呼びかけにも当時のまま…

「先生、自習したいんですけど…」

と。

※こっちの話を聞く気なし(笑)

先日の県大会で野球部も引退し、

いよいよ大学入試に向けて何とかしなければと思ったとのこと…

で、

目指す大学を聞き、

学力的な現状も聞きましたが…

おいおい…

2年4か月前に伝えたこと、

すっかり忘れてんじゃん…

こういう苦しい状況になるから、

高校入試は何とか間に合ったけど、

大学入試は無理だぞ!って。

あんなに言ったじゃん…


と思ったのは内緒ですが、

まぁ頑張りたいという彼の気持ちも分かるので、

(一応)話を聞きました。


で、改めて思います。


早すぎる…

私の塾講師時人生において、絶対に忘れることが無いであろう11期生。

「1点の怖さ」をリアルに、

しかもそれを複数名で経験してしまった11期生…


彼ら、彼女らも高校3年生となり、

今大学入試に向かっている子も沢山いるでしょう。


高校も間もなく夏休みですが、

3年前に過ごした「夏」を思い出し、

あの「夏」に負けないような勉強をして、

自身の進路を切り拓いていってほしいと思います。

私もみんなの頑張りを応援しています。





そして、もう1つの件です。

やっと今年度の定期テスト①の個人賞を購入してきました。

35名分…

リアルに2時間かかりました。

定員さんには多々ご迷惑をお掛けしましたが、

本当に感じの良い定員さんで有難かったわけですが、

授賞式は来週行いますのでもう少し待っていてください。

※1年生の昨日「いつですか?」アピールをしてきたS君…ちゃんと水風船買ってきたから待っててね(笑)

楽しみがなくなるのでちょっとだけ教えると、

今回は「夏服」です。

で、男子生徒の個人賞に関しては今まで

「中学生が好きそうなもの」

という基準も含めて考えていたのですが、

今回は完全に独断で決めています。

基準になったのは

「自分でもこれなら着たい」と思えるものです。

なので、

全体的にシンプルなものが多いです。

それにより、

「何、この普通な感じ…」

と思う子もいるかもしれませんが、

それはうまく着こなして下さい(笑)

絶対にカッコ良く着れますので。

大して女子…

迷いました、本当に。

ほかの店にも行こうかと思ったのですが、

自分の仕事も押していたのでそのお店で何とか決めました。

正直…

喜んでくれるか自信なし(-_-;)

これが、

保育園児~小学1年生までなら、

娘をイメージして考えられるのですが、

何せ中学生がどんな服が嬉しいのか分からない…

年による流行の変動も大きいですし…

ただ、

一応一人ひとり、

これなら似合う!

と思ってセレクトしましたので、

まぁちょっとだけ楽しみにして待っていてください。





ということで、あっという間に金曜日です…

昨夜、久しぶりに塾のFBを更新し、

そこにも書きましたが現在キャンパスNEWSをマッハで進めています。


で、そのNEWSでも扱っているテスト直しノートの添削も山のごとし…

加えて、

夏期講習の予習

夏期講習後~9月の授業案(こちらは昨日までで中2まで完了し、残すは中1)

経理作業

HPリニューアルの素材作成

などなど、

やることチョモランマのごとしですが、

まぁ本当に充実した毎日を過ごせているので、

今日も楽しみながら頑張っていきたいと思います。


おし…

今日も頑張ろ!









★平成30年度夏期講習のご案内はこちらです。
☑小学5年生は残席2席となりました。ご検討中の方はお早めにお願い致します<(_ _)>
☑中学3年生は追加募集も残席1となりました。


★学童スクール夏休み短期利用ご案内はこちらです。


昨日に引き続き、今日も余談から。

挨拶は大切です。

色んな人が言いますね。

そして、恐らく世の多くの親御さんが躾として我が子に教えるのもこれだと思います。

でも、これって教えるのが中々難しい…

例えば、

「ほら、ご挨拶は?」

「ほら、有難うは?」

相手に分かるような状況でこれを言うのも違う感じがしますし…

※私の場合、我が子には小学1年生まではそういう声がけをして、2年生からは(自分から挨拶をしないようなら)違うアプローチをするようにしています。

で、表題の件なのですが、

3年生に骨太君という男の子がいます。

まぁ、私が勝手に命名したわけですが、

私が骨折した際に自分をホネ吉と名乗っていたので、彼にもその流れを汲んでもらおうかな…と。

で、そんな骨太君ですが、

登塾時も帰宅時も、

必ず教室にいる先生を探して目を見て会釈をしたり、挨拶をしたり…

昨日もそうでした。

授業後、居残り自習生はいましたが教室の清掃をしていると、

わざわざその部屋に来て目を見て、



さようなら



と。

※声は小さい(笑)

いや、素晴らしいなって…

率直にそう思います。

※みんなにそうしましょう!ってことではないので過大解釈をしないで下さい。ただ、目を見るってのは大切だと思います。実際自塾生でも、入室時でも帰宅時でも、どこ見てるか分からん状態で挨拶をする子もいますので…

是非これからもそういう部分は大切にして欲しいなと思います。



さて、話は中学3年生の実力テストに関してです。

業者採点の学校と先生採点の学校とで返却タイミングが大きく異なるわけですが、

既に返却が始まった学校もあります。

で、

前進を見せる子もいれば、

苦戦している子もいます。

※まだ問題も見ていないので何とも言えませんが、前回との点数比較だけで一喜一憂するのは止めた方が良いです。点数上がっても順位が下がる、点数下がっても順位は上がる…ってこともよくありますので。

で、

今日改めて考えて欲しいのは「苦戦している」と感じている子に向けてです。

昨日3Sクラスでは話しましたが、

今年の受験生である14期生…

全体的に雰囲気も良いですし、

ここにきて勉強に向かう姿勢にも向上が見られる子が増えてきました。

が、しかし…

ここ数年のキャンパスの受験生と比較して圧倒的に不足しているものがあります。

何か?




























勉強時間です。

そして、

それに伴う勉強量です。

何をそんな安易な話を…

そう思う方もいるかもしれません。

が、

私は「質の高い勉強は絶対に時間もかかる」と思っています。

短時間で効率的に…

それが可能な人もいるでしょう。

500人にひとりくらいは。

でも、

殆どの一般ピーポーにとっては質の高い勉強をするにはある程度の時間も不可欠だと思います。



で、話を戻します。

今年の受験生の14期生…

勿論時間も量もかなり叩き出している子もいないわけではありません。

が、

肌感覚でなく、

実際の数値で判断してもここ数年の受験生より勉強の絶対量が足りません。

☑スタレコの勉強時間

☑テスト直しノートの提出率

☑一斉授業のCTの合格率

どれを見ても、やはり不足しているのです。


で、冒頭の実力テストの話…

6月は定期もあり、

中総体もありました。

確かに疲れもあったと思いますし、

よく頑張っていたと思います。

私は。

でも…

「よく頑張っていた」くらいなら、

その位の頑張りなら、

やっている子は沢山いるのです。

圧倒的な結果

を出したいのなら、

圧倒的な努力

は不可欠だと思いませんか?

加えて…

結局5月の実力テストの直しの提出者は両手で足りるくらいです。

両手でタリルホジッチなんです。

いや、提出していないだけでやっている子もいるかもしれません。

でも、やっていなかったのなら…


上記の状況を改めて冷静に考えてみて、

☑(実力テストに向けた)勉強時間も確保できていない

☑5月の実力テストの直しもしていない

☑テスト範囲の勉強にもあまり取り組めていない

のであれば、

それは必然だったと思いませんか?


で、いつもと同じです。

この経験を、

今回のテスト結果を踏まえて学んだことを、

ここからにどう生かしていくのか?

何より大切なのはそこです。

まずはテスト直し…

加えて、

それと同時に行う苦手単元の洗い出しと、

夏期講習までの勉強の指針となる「自分専用のTODOリスト」作成…

そして、

それをこなすためにねん出する勉強時間。

そういう状況を整えて、実践して…

まずはそこからだと思うのです。

「実力テストは結果に繋げるまでに3~4か月はかかるからね?」

私は受験生にそう伝えていますね?

それは、

「ただ3~4か月経過したら」って意味では当然ありません。

すべきことをやって、

努力を継続して、

苦しい時期も経験して

3~4ヶ月ってことです。

スポーツだってそうでしょう?

今週筋トレ頑張ったからって、

来週シックスパックになりますか?

2週間必死に練習したからって別人のようになりますか?


だから継続するんです。


結果に凹むのではなく、

なぜそうなったのか?

もっとそこにスポットをあてて考え、

それを修正していけるように考えていきましょう。
1 / 13 ページ
スマートフォン解析