2019/05/13(月曜) 18:44

2019GWの記憶③出発編

投稿者: 
このアイテムを評価
(0 件の投票)
土曜日に消えた(消してしまった)記事の取戻しをしていきたいと思います。
 
 
まず、今回の旅程ですが、
 
秋田空港⇒羽田空港⇒ハノイ空港(ベトナム)⇒フランクフルト空港(ドイツ)
 
という流れでした。
 
出発したのが日本時間で朝7時。
 
で、フランクフルトに到着したのが、現地時間の朝6時。
 
時差が7時間あるとはいえ、
 
感覚的には24時間経過したらドイツに着いていた…
 
そんな感じでした。
 
 
 
ちなみにですが、
 
ドイツまでの旅費はマックス安い時は、
 
ANAの直行便でも往復で7万円程度でイケルそうです。
 
※今回ドイツをアテンドしてくれた森君談。
 
私も費用の余裕があれば直行便で行きたかったのですが、
 
少しでも安く済ませる為に経由で行きました。
 
その経由も、他に中国とロシアという選択肢がありましたが、
 
航空会社の安心感でベトナム航空を選択し、
 
ベトナム経由で行くこととなりました。
 
そして結果的に…
 
今回、飛行機代としては中々破格だったと思います。
 
GWにかかる超ハイシーズンだったことを考えると、です。
 
ちなみに、
 
直行便であれこれ調べて貰った結果、
 
あと二日出発を後らせて直行便で行ったら、
 
単純に倍以上でした(-_-;)
 
故に出発も早め、
 
経由便を利用し、
 
少しでも安く済ませる為にホテルも取らず…としました。
 
今回は4泊してきたので、
 
ホテルを取ると超格安ホテルでも6人だと約5万円(-_-;)
 
一般的なホテルだと、
 
1泊で8万円~10万円(-_-;)
 
仮にこれで4泊すれば、
 
宿泊費だけで約30万~40万円(-_-;)
 
 
そんなん出せるか!
 
 
って話だったので、
 
短期滞在のアパート(レオパレスの様な感じ)を借りて、
 
1泊6人で約1万円で済ませた感じです。
 
 
が、このアパートが超当たりでした。
 
部屋も1ルームでしたが広さも十分で、オシャレ。
 
しかも21階で、景色もビューティホー!
 
 
 
部屋にはドライヤーや調理器具もフル出揃っており、
 
コーヒーまでありました。
 
 
※ドライヤーは事前に問い合わせたら無いという回答だったので、ケルンで1000円くらいのものを買った(買ったのは相方)のですが、部屋に有ったので森君にそのままプレゼントしました。
 
 
さて、話を戻します。

出発の日の朝はわが家のワンコたちを預け、

そのまま空港へ。

で、空港に着いてすぐに気付いた忘れ物が2つあったのですが、

飛行機に遅れてはシャレにならないのと、

まぁなければないで何とでもなるものだったので、

そのまま搭乗口へ…

で、保安検査を受けて搭乗口前で待っていると…

 

早速遊び始める女子二人。

その後トラブルもなく羽田に到着し、

諸々の手続きを経て、

そのままベトナムへ。


 

 
 


 
 





で、到着したベトナムは「さすが」という感じで、

飛行機を降りると「むわっ」とした風を感じましたが、

このハノイの空港で1つ目のこの旅の思い出が。


というのも、

そもそも今回の旅行…

出発前に全く換金をしていませんでした。


まぁ、フランクフルトに到着したらユーロを…

とは思っていましたが、

そもそもドンを必要とするという発想が全くなかったのです。

そんな中で、

子どもたちは喉が渇いたたと皆言い出すわけです。



で、キオスクの定員さんに聞きました。

私の拙い英語で。

「クレジットカード使えますか?」

すると、店員さんが答えました。

「クレジットは無理」

マジか…

どうしようかと考えていると、

既にスプライトと水を抱きかかえている次女。

じゃあ、他の店に行ってみようかな…

と思ったら、

タトゥーを入れたイカツイおじ様が冷蔵庫の方に近付いてきました。

で、私はそそくさと道をあけ、

次女のスプライトと水を冷蔵庫に戻そうとすると…

そのタトゥーのおじ様…

私の手からスプライトと水を取って、

何やらベトナム語で店員と話しています。



え、俺なんかした?



日本でも「目つきが悪い」言われている私なので、

ベトナムで、

しかもタトゥーのおじ様に何か失礼をはたらいてしまったのか?

と不安に思っていると、そのおじ様…


満面の笑みで次女にスプライトと水を手渡しています。

で、店員さんが教えてくれました。


クレジットカードを使えるか聞かれたので、

このお店は無理ですよって答えたと伝えたら、

この方がキャッシュで払ってくれましたよ!


と。

それを聞いた私…



マジすか?(思わず飛び出す日本語!)

テンキュー!




それを聞いたおじ様は、

満面の笑みで颯爽と立ち去っていきました。


とりあえず、

今日はここまで。

まだドイツについてもいない…

このペースでいったらいつ終わるのか分かりませんが、

仕事最優先で続きを書いていきます。
27 回読まれました 最終修正日 2019/05/14(火曜) 01:37

コメントする

(*)で示された必須情報を入力したか確認して下さい。HTMLコードは許可されません。

スマートフォン解析