2019/05/08(水曜) 00:45

2019GWの記憶①初めてのヨーロッパ

投稿者: 
このアイテムを評価
(0 件の投票)
さて…

久しぶりの授業を終え、

あれこれやっているうちに、

あっという間にこの時間です。

結局ブログの更新も出来ずこの時間になってしまいましたが、

今日から少しずつ時間を見つけて、

普段のブログとはちょっと違った感じのシリーズを書いてみようと思います。

が、今日はまだやることが多々あるので…

予告編として。

このGW…

私は初めてのヨーロッパの地に足を踏み入れました。

この旅行の大きな目的は2つ。

まず、1つ目は「留学先」として、

ドイツが持っている魅力と課題を学んでくること。

で、もう1つは自分自身が初めてのヨーロッパで、

文化の違いを肌で感じ、

勉強してくること。

で、率直な感想ですが…

非常に素敵な経験をして、

本当に沢山の学びを得てくることが出来ました。

一言で言えば…

サイコウ(笑)

チケットの取り間違えでバタバタもしました。

初日の降りる駅を間違えて、

重いスーツケース2つに、

それぞれ2歳児と4歳児を載せた状態で10キロ近く歩きもしました。

今回は費用の関係でホテルではなく短期単剤のアパートに泊まったのですが、

その管理人が一切英語を話さず、

教え子の森君がいなければ確実に鍵を貰うことも出来なかったのですが、

彼の流暢なドイツ語のお陰で無事素敵なアパートに泊まることも出来ました。

ので、

そういうのを少しずつ思い出しながら、

アップしていきたいと思います。

もしかしたら…

これを見て、

塾生の中にも「自分も学生として行ってみたい!」と思う子もいるかもしれません…

いや、

そういう子が出てきてくれたら良いなっていう思いもちょっと込めて、

書いていこうと思います。


とりあえず今日は写真を数枚だけ。






ホーエンツォレルン橋とケルン大聖堂






ケルン地下鉄。めっちゃアートで素敵でした。






息子が最も楽しみにしていたブンデス観戦。雰囲気が最高でしたが、残念ながらケルンの昇格には立ち会えず…





町中に落ちているこの瓶や缶、ペットボトルは4本で1ユーロに。イメージで言うと4本集めると1本ビール貰えるみたいな…





レストラン等では食べず、基本屋台かアパートで。子どもたちも、もり君に超なついていました。




一泊約1万円のアパート。人数を考えると、邉安と言えるでしょう。しかも…かなりオシャレでしたし、21階で景色も最高でした。

 

ということで、今日はこの辺で。

60 回読まれました

コメントする

(*)で示された必須情報を入力したか確認して下さい。HTMLコードは許可されません。

スマートフォン解析