2019/02/11(月曜) 13:12

大学入試制度改革

投稿者: 
このアイテムを評価
(0 件の投票)
★更新情報★

✓平成31年度新中学1年生に関して…
新中学1年生の中学入学準備講座は、講座定員に達したため1月末日をもって受付を終了させて頂きました。3月21日から始まる春期講習は改めて募集させて頂きます。詳細のご案内要項は近日中にHPに掲載予定ですのでもう少々お待ちください<(_ _)>

✓平成31年度新中学3年生に関して…
新年度に向けて、新中3生は定員を増席致します。既に体験授業を開始している生徒もおりますが、ご希望の方にはまずは無料体験を受講頂き、その上でご判断を頂いております。ご興味御座いますが方はお気軽にお問い合わせ下さい。現在通塾中の生徒さんも、「春期講習から」や「3月から」の転塾にも対応させて頂きますので、お気軽にご相談下さい。


★国立秋田高専学力選抜まであと5日!
★秋田県公立高校一般選抜まであと21日!



まずはお礼からです。

Iきママさん…

昨日はわざわざ有難うございました<(_ _)>

彼、

なぜか「愚息って書かれてます(^^)/」と嬉しそうに報告してきました(笑)が、

お手紙まで申し訳ございませんでした。


そして、

Kすけ&Aたママさん…

先ほどは有難うございました。

後ほど有難く頂戴致します<(_ _)>



さて、本題です。

教室では既に受験生と中学1・2年生が真剣に勉強に取り組んでいますが、

私はいつもより遅れてこのブログを書いています。

というのも…

午前中は外部の方にお越し頂き、

大学入試制度改革に関して色々教えて頂きました。

数学と国語の記述問題のこと

英語の認定試験と、

それに付随する英語検定の今後の動向のこと

高校部が存在しない自塾ですが、

それでもしっかりと知っておかなければいけないですし、

自塾も「そこ」からの逆算で変えていくべきことがあるかを確認したかったので、

こういう機会を設けたわけですが、

結論…



めっちゃ勉強になりました



やっぱり自分で調べた情報だけでは不足しますし、

確認できたことも多々ありました。

そして、

自塾としての取り組みで「その為」に変えていくべきことはあるか?

というのに対しては、

現状では



NO!


です。

いや、

変更、改善していくべきことはこれまで通りガンガン変えていきますが、

「大学入試制度改革に向けて」

という観点で変えるべきことは無いかな…と。

そう思いました。



ということで、

本当はもっと突っ込んで書こうかと思ったのですが、

時間もないので今日はこの辺で。
25 回読まれました

コメントする

(*)で示された必須情報を入力したか確認して下さい。HTMLコードは許可されません。

スマートフォン解析