2019/02/16(土曜) 11:51

準備講座とSNSの利点…

★更新情報★2月14日更新情報

✓平成31年度新中学1年生に関して※2月14日更新情報※
4月入学の新中学1年生さんですが、春期講習のご案内を出す前に、残席が僅かとなっております。春期講習説明会及び無料体験後の辞退もあり得ますが、現状で定員までの残席が3となっております(現在検討中の方も含めると一気に埋まる可能性も御座います)ので、まずは無料体験をご希望の場合にはお早めにご予約を頂けます様お願い致します。併せまして、頂くお問い合わせがほぼ全てと言って良いほどご紹介です。塾生及び卒塾生の保護者様方に心より感謝申し上げます<(_ _)>

✓平成31年度新中学3年生に関して
新年度に向けて、新中3生は定員を増席致します。既に体験授業を開始している生徒もおりますが、ご希望の方にはまずは無料体験を受講頂き、その上でご判断を頂いております。ご興味御座います方はお気軽にお問い合わせ下さい。現在通塾中の生徒さんも、「春期講習から」や「3月から」の転塾にも対応させて頂きますので、お気軽にご相談下さい。


★国立秋田高専学力選抜前日!
★秋田県公立高校一般選抜まであと16日!


まずは、お礼からです。

Aおちゃん、Yおちゃん…

昨日はわざわざ有難うね。

私も、佐久間先生も美味しく頂きました。

姉妹仲良く、これからも勉強も頑張るんだよ。

ティックトッカ―になっちゃだめだよ(笑)



では、本題です。

まずは新中学1年生を対象に実施している中学入学準備講座ですが、

ここまで非常に良い雰囲気の中、

実りある授業を進められています。

昨日は英語でしたが、

先日までの内容でアルファベット、ローマ字の小テストをやりましたが、

結果的に満点は0名…

準備講座の参加メンバーには英検取得者が5名います。

ですが、

昨日のマックススコアを叩き出したのは、

英検取得生ではありませんでした。

※ちなみに37点満点で、ハイスコアが34点。

英語教室で中学入学後を見据えて英語を勉強してきた生徒がいる中で、

それでも満点者がいないという現実。

しかも、

英検を持っていない子がベストスコアを出したという現実。

このタイミングで改めてヘボン式ローマ字をやるのには、

調子こいて中学英語に向かわない為には非常に効果があります。

ちなみに、

昨日の問題はこんな感じです。

✓ふきのとう

✓学習塾

✓カンボジア

✓イカポッポ

✓しばた小学校

✓つきあかり

✓佐藤そうたろう

✓みつばつハッチ

恐らく「懐かしい~」と思う中学生も多々いることでしょう。

で、典型的な間違えは、

fukinotou

gakushujyuku

Kanbojia

shibata syougakkou

Satou Sotarou

mitsubachihacchi

こんな感じですね。

加えて、

この問題には…

基本は小文字で書き、人の姓名、地名や件名のみ1文字目は大文字で書くこと

という指示も入れていましたが、

まぁそれも読んでいない子が多数…

中には英語の感覚で、

固有名詞だからという解釈で1文字目を大文字にする子もいたり…

※その理解自体は◎ですが、設問に従うというのが大前提です。

ただ、

昨日のこの結果を受けて、

しっかり凹んでくれていましたし、

英語の学習経験を「過信」すると痛い目にあうということも分かってくれたと思います。

あくまで、謙虚に…

学習経験があっても、

謙虚な姿勢で学んでいくから、

そこにプラスαが沢山生まれるのです。

そういう意識で、また頑張って欲しいと思います。

あとは…

やはり「速さ」ですね…

この辺りは6年部で在籍していた子と、

そうでない子でやはり差が結構あるので、

しっかりフォローしながらやっていきたいと思います。


で、もう1つ…

昨日、授業後に3年生のMが英語の質問を持ってきました。

ある英文の解釈の仕方なのですが、

気にせずやっていれば多分気付きもせずスルーする子が90%…

で、

私も「ここは話しての主観によるからな~…」

※まぁ、「時間」と「時制」の捉え方の話になってしまうので…

という説明をするも、

Mも納得できない表情。

で、私も確信をもって言えない部分があったので、

「ごめん、ちょっと知り合いに確認してみるから、明日でも良い?」

と昨日はそこで一旦終了。

で、そこで登場するのがTimというイギリス在住の友人。

Mが帰宅後、深夜0時を回った位だったので丁度良いと思い、

※時差ありますから…

FBを使って質問。

すると、

久しぶりの連絡にも関わらず、

速攻で返信をくれたTim。

※相変わらず、対応までナイスガイ!

しかも、メインが解決した後も、

ちょっとやり取りをしながら…


 


で、思うんです…

小学生や中学生にとっても、

本当に素晴らしい時代になっているんだなって。

もう私が小学生、中学生だった頃の価値観なんて全く通用しません。

アメリカに、

カナダに、

ドイツに、

イギリスに、

ベトナムに、

台湾に、

オーストラリアに…

友だちを作れる時代なんです。

すっごいことだと思いませんか?

You Tube、ティックトックをやるのも携帯。

でも、

こうして自分の世界観、価値観を広げるツールにもなりうるのが携帯です。


是非、みんなには…

もっと世界を見て、

そしてもっと日本の素晴らしさを実感しながら、

最高に充実した人生を生きて欲しいと思います。

ということで、勝平補習に行ってきます!

とりあえずの倍率が出揃いました。

秋田高専の高倍率を反映するかのように、

工業の倍率が高くなっていますが、

倍率が高いからといって必要以上に身構える必要もないし、

倍率が低いからといって安心する材料にはなりません。

元々高校入試ってのは、

ある程度同じくらいの学力層の子たちとの勝負です。

倍率が低いということは、

そのくらい「その層の中でも高めの子」が集まっている可能性がありますし、

倍率が高くなっているという子とは、

その「幅」が少し広めになっている可能性があるってことです。


勿論、

熟考して志願変更(高校であれ、科であれ)を視野に入れるのも悪いことではありません。

が、

志願変更期間で思わぬ方向に動くということだって十分に考えられます。


だから、

冷静に、ぶれずに感がることが大切です。

倍率で一喜一憂するのではなく、

今の状況を冷静に考え、

今自分に出来ることをしっかり考え、

そうして入試本番に向かっていきましょう。


とりあえず一旦揃ったので、

考えるなら今日から日曜日までですね。

分からないことなどあれば、

遠慮なく来てください。
6 / 1155 ページ
スマートフォン解析