新年度生入塾生募集中です。無料体験4日間は随時実施しております。こちらにご案内が御座いますのでご覧下さい。

昨日は中3生の一斉授業でしたが、S・A両クラス共に、

数学=式の利用

英語=実力テスト過去問

をやりました。

自分が担当した授業は3A数学と3S英語…

①3A数学はもう少し復習にかける時間と意識を

3Aクラスの現状は乗法公式が完全に入っている子とそうでない子の差がめちゃくちゃについてしまっています。

その理解度の差は当然因数分解に表れていて、

月曜日にやった複雑な因数分解も昨日の時点でバッチリのことかなりまずい子で2極化しています。

で、当然その差は昨日の内容「式の利用」に表れていて…

授業内容がスポンジのように入っていく子もいれば、

もう完全にお手上げ状態の子も数名います。

※当然、その状況にならないように指示は毎回していますし、宿題も考えて出しています。この時期に「分からない」と口にする子は確実に、課されたことをやっていないというのが原因です。難しい内容、理解力の差が顕著に表れる無いようなら別ですが、少なくとも現在3年生がやっている3年生の数学に関しては「やったかやらないか」だけです。実際、机間巡視でも一声かければそこからどんどん進められる子ばかりですので。

結局はこういう「流れ」がある以上、いったん止まったら川の水がせき止められる様に、

「分からない」がどんどん蓄積していきます。

やった方が良いことは分かっている…

でも出来ない…

それじゃあイカンわけです。

私の中での塾生に課している負荷の基準が、

◆個別指導に関してはどの学年も「毎日1時間」で終わる量の宿題

◆一斉授業内容の復習は、授業翌日に30分~1時間

以上です。

これを多いと捉えるか、少ないと捉えるかはそれぞれでしょうが、

少なくとも私は「当たり前の量」だと思っています。

特に中学3年生は。

昨日塾生には直接伝えましたが、現状過去にない人数が県トップ高への入学を希望しています。

そうであるならば、それに向けるための努力も県トップレベルでなければいけないですし、

相応の覚悟だって必要なわけです。

卒塾生には失礼かもしれませんが、

13年の塾史の中で、最初から、ポテンシャル的に「この子は行くな…」と思えた子は10人もいません。

大半の子たちは、

日々の努力で己の学力を引き上げ、

沢山の犠牲を払い、時に涙し…

そうやって合格への扉をこじ開けていったのです。

そう考えるならば…

現状の自分の学力と志望校に必要な点数との「開き」を考えるなら、

「それなり」の頑張りでは無理だと自覚しなければならないと思います。

繰り返しますが、

私は塾生全員に秋田高校に入学して欲しいとは微塵も思っていません。

合格実績も広告やHPに載せるなら全員分載せますし、

母数も分からないのに「秋田高校○○人!」なんていうのをデカデカ載せることは今までもないですし、これからもないでしょう。

でも、それがどこの高校であれ、

塾生が入りたいと自らが望む高校に届くように、合格できるように尽力はします。

で、それがたまたま今年はトップ校を望む子が過去最大に多い…

ならば、先述の通り、そこへの入学を望むのなら、

今から出来るだけのことをしていかなければならないわけです。

私は今までの経験があるので断言できます。

高校入試は甘くありません。

高校入試は「何とかなる」とは思ってはいけません。

それが上位校、県下トップ高校なら尚更です。

舐めちゃいけません。

何としても合格する!

更に、合格して、○○を勉強して、将来は○○になる!

そういう目標をもって、日々走り続けていかなければならないと思います。

誰でもない自身の頑張り無くして成長なんて有りえないわけですから、

それを自覚して勉強に取り組んで欲しいと思います。



話が逸れてきましたし、時間もないので…

本当は3Sの英語の状況をメインで書こうと思ったいたのですが、それは後日に回します。

とりあえず、昨日配布した解説書をしっかりと読んで、意味のある直しをして下さい。

5月の実力テストの範囲の勉強をしっかりやって下さい。

その上で、結果を踏まえ、今後の学習に修正を加え、成績アップに向かって頑張っていきましょう。



あぁ…急ぎ過ぎたので誤字脱字が(いつも以上に)凄いかと思いつつ、まずはお仕事再開です。
2017/04/26(水曜) 11:27

最高の仕事…

新年度生入塾生募集中です。無料体験4日間は随時実施しております。こちらにご案内が御座いますのでご覧下さい。

まずは、昨日は当塾の勝手な判断により休校となってしまいました小学5・6年生の皆さん、そして保護者様方。ご迷惑をおかけしました。

結果的に事情を踏まえた上で自習に来た生徒も複数いましたが、メーラーの問題で登塾となった生徒もいました。早い段階で改めて保護者様方との「有事の際の連絡手段」方法の再確認を取らせて頂きたいと思っております。ご面倒をお掛け致しますが何卒宜しくお願い致します。

しかし…まだどうなるかは誰も知る由がないわけですが、今回の一連の問題に関しては、少しでも危険がある場合には出来る限り子どもたちをご家庭にいるような対処を塾として取らせて頂こうと思っております。

というのも、私もそうですし、保護者様方もそう…当然子どもたちも同様なのですが、殆どの人が経験したことのない領域の問題だからです(日本においては)。これが台風や暴風雨によるものであれば、私たちの経験則も活かされる側面もあります(勿論それを過信しているわけでもありませんし、必要な場合には休講措置は取ります)。

でも、そうじゃない…戦後70年が経過し、その惨状を知っている人も少なくなり、もしかしたらその過ちを繰り返すことになるかもしれない…そう考えれば、私たちも「今までにないくらいの注意を払い、デリケートに対処していかなければならない」と思っています。

よって、今後も状況に応じて対応させて頂くつもりでおりますので、何卒ご理解頂けます様お願い致します。



さて、ここからは表題の件について。

ところで皆さんには「宝物」がありますか?

ありますよね。

私にも沢山あります。

それは「人」や「ご縁」も沢山あるのですが、

私にとっては「塾生や保護者様から頂いた手紙」です。

はい…

全部、全部とってあります。

たまに凹むことがあればそれを読んだりして(笑)

今年も卒塾した12期生やその保護者様方から色々と頂きました。

勿論高校受験体験記にも沢山の身に余る言葉も頂戴しましたし。


で、昨日…

わざわざ郵送で、12期生のあるパパさんからお手紙と写真とCDが届きました。

大きな封筒でしたので「何だろう?」と思いながら封を開け、

お手紙だと分かってからすぐに拝見しましたが、涙がこぼれました。

※今このブログを書いていても「うるっ」としているという…


そこには…

親としての我が子への深い愛情

高校入試発表に至るまでの当日の状況

志望校決定までの親としての葛藤と、入試を終えても今の心境

そして、高校入学後の近況

A4用紙にびっしり2枚綴られているお手紙を拝見し、

ただただ有難いと…

そう思いました。


綺麗ごとのように聞こえるかもしれませんが、

是非塾生に、そしてわが子にも声を大にして伝えたい…



長い人生を生きて行く上で、

最も長い時間自分が付き合っていくのが仕事と家族。

その仕事に関しては、

こういう最高の仕事に出会える様に勉強していきなさい





と。

こんなことを偉そうに言える立場でも人間でもないのですが、

それでも本気で思います。

この仕事に出会えて良かった。

この仕事があったからこそ、

沢山の塾生に、保護者様方に、そして講師陣に出会えたわけです。

これは「塾講師だから」ということではありません。

職種は何だって良いんだと思います。


医師だって。弁護士だって、美容師だって、郵便屋さんだって、公務員だって…

どんな仕事でも良いんだと思います。

でも、自分がその仕事が好きで、大好きで、

辛いことも沢山あるけど、それを補って余りあるギフトがあって…

不器用でも、とにかくそこに懸ける情熱が持てる仕事…

そういうのに出会ってほしいなって…

心からそう思います。


そして、そういう仕事に出会っていく為に必要なのが、

「今」なんだと思います。

大好きな仕事だから、辛いことなんてなに1つない…

それは有りえません(笑)

いや、どちらからという大変なこと、辛いことの方が多いのかもしれません。

※こう見えても一応塾生を叱っている時も胸が痛みますし、高校入試で念願叶わなかった生徒の報告聞いた時は自己嫌悪に陥ります。

でも、そういう大変なことも必至こいて考えて、何とかクリアにしていく方法を考えて、実践して…

だから最高の喜びや達成感が得られ、

そこに「やりがい」が出来ていくのだと思います。


そう考えると、大変なことから逃げたり、好きなことばっかりやっていては駄目だと思うんです。

例えば春季大会で疲れた…

だから勉強は頑張れない…

そういう子が将来「踏ん張れるのか?」って考えると、厳しいんじゃないかなって思います。

正直。

何か少しでも嫌なことが有れば、そのしごとのせいにして、上司のせいにして、部下のせいにして、お客さんのせいにして…

で、結果的に「この仕事は自分には向いてない!」なんて言って仕事を変えて。

でも、次の職場でも同じようなことが起こって…

結局のところ、そういう「耐性」が無いといずれ厳しくなるんだと思います。

加えて、自分がそこに懸けると変わっていくという経験もです。

今、大変な中でも勉強に時間を費やしている子は、やはり前進が見られます。

その前進は自信となり、更なる行動へのガソリンにもなります。

そうするとテストでも結果が出てきて、更に自信が深まり…

でも、どんな時でも上り調子なわけはなく、上手くいかない時もあって…

こういう一連の経験を「今」積んでおくことが、将来に確実につながっていくのだと思います。


大人になれば変わるものもある…

確かにそうだと思います。

でも、大人になったって、出来ない奴は出来ません。

逆に子どもだって、出来る子は出来ます。

日々の習慣、生活の中で身につけたものはそうそう簡単に失われないですし、

(年齢的に)大人になったから大人になるわけではなく、

日々の思考や経験の中で人間は大人になっていくからです。


塾生のみんなには…

社会人になって再開した時に、

「先生、今最高に楽しいっす!」

って…

そういう言葉が聞ければ最高だなって思います。



そして最後にMパパさん…

本当に、本当に有難うございました。

曲も聞きました。

素敵でした。

自分では中々聞かないジャンルなので新鮮でした。

お手紙を何度も何度も読んで、もっともっと保護者さんの気持ちに寄り添える塾講師になっていきたいと…

強く思いました。

人生の1ページを共にさせて頂き、感謝を申し上げるのはこちらです。

最高に楽しい思い出を、時間を共に作る機会を頂けましたこと、

改めて感謝申し上げます。


骨折も大丈夫です。

時速5キロで歩けるようになりました(笑)

体も大丈夫です。

来月2日には健康診断にも行ってきます。

※社会人になって初めてなのでちょっとドキドキしています。前夜にビールを飲めないのが一番つらいです(笑)

長男も元気に小学校に通っていますし、

長女は反抗期で朝の勉強中も明らかに不機嫌な顔をしますが、全然無視して現在足し算引き算をがんばってます。

次女は今日溶連菌に感染しました(笑)

三女はムチムチのミシュランガールです(笑)

沢山のお気遣い、身に余るお言葉にこの場を借りて心よりの感謝を申し上げます。

有難うございました。
1 / 823 ページ
スマートフォン解析