おはようございます。

夏期講習23日目、ラスト2日となりました。

本日から夏休み明けの学校が再開となっている附属中生は今頃定期テストに挑んでいることと思います。

昨日まで一所懸命にやってきたこと、

必死に頭に詰め込んできたことを1つでも多く答案用紙に置いてきてもらえたらと思います。

最後まで集中して…



そして、遅れましたがお礼です。

Kたろママさん、先日はありがとうございました。

講師陣と居残り受験生で美味しく頂きました。

心より感謝致します。



さて…本日の表題の件です。

昨日はある生徒と面談をしました。

というのも、夏期講習前半に約束したことが全く実践されていなかったからです。

私がその生徒と約束したのは、

◆とにかく今は単語と計算。当面はこの2つに集中して良いから、これだけはこの夏で確実な成果を残そう!

これです。

で、単語に関しては

教科書の単語で書けない、意味が分からないものは必ず全て単語帳に書き出し、毎日練習すること。

計算に関しては、

毎日必ず10問以上練習すること。

これを必ずやるんだよ?

そういう話をしていました。


で、お盆休塾期間明け…

ノートを見てもその練習の後が見られません。

当然、学校ワーク演習を見ても、実践問題をやっても単語が書けない…

書き写しの時点でのスペルミスが無くならない…

そういう現状が続き、

昨日の面談に至りました。

で、まず私がかけた言葉は、

「ねぁ、○○。約束した単語、計算毎日ちゃんとやってる?」

ということです。

それに対してその生徒は答えました。

「やってます。」

私は続けてこう言いました。

「じゃあ、まず単語帳出して。で、この単語書いてみて。」

それはその子自身が作成した単語帳の1枚目の単語です。

結果…

書けませんでした。

私は改めて聞きました。

「ねぇ、○○。もう一回聞くけど、毎日ちゃんとやった?いや、3日に1回でも良い。声に出して読みながら書いて練習した?」

その子はこう答えました。

「自分なりにはやりました」

と。

で、そこからです。表題のような話をしたのが。

★自分なりにやったというのは、残念ながら意味がないということ。テストで単語が正しく書けるようになって、初めて意味があるのだということ。

★「自分なりに」ではなく「一定ライン」に到達しなければいけないということ。定期テストでも入試でも「A君専用」や「Bさん専用」という出題はありません。テスト問題が、そのレベルが自分専用にカスタマイズされることは無いのです。合わせてくれるのではなく、自分が合わせていく、そのラインに到達していかなければならないということ。

★そもそもの「やりました」という自身の基準を大幅に修正する必要があるということ。単語帳の1枚目の単語も書けていないのに「やりました」と言える感覚は絶対に変えなければならないということ。

こういう話です。

加えて…

やはり継続しなければ出来るようにはならないのだということも…

スポーツでも、

1日筋トレやったからばっちり筋力がつくわけありません。

1日練習したから、3日やったから大きな成長につながるわけではありません。

しっかりと練習して、

それを継続して、

徐々に「覚えてきた」という自信を得ながら、

手応えを感じながら…

そうやって「出来るようになる為に」勉強するのです。

逆を言えば…

そういう継続的な練習を重ねれば、

絶対に、絶対に前進していくのです。



私もこの夏、それを身をもって経験しました。

わが家の長男…

7月11日には5、6回しかできなかった1バウンドリフティング…

その日から今日まで1日も欠かすことなく毎日練習し、

最高記録は700回を超えました。

自宅の狭いスペースでも当たり前のように一人でポンポンやれるようになりました。

さすがに500回を超えたのは1回きりですが、

それでも毎朝10分以内に必ず100回~300回はいくようになりました。

念の為…

バカ親の自慢話に思われるかもしれないので(笑)

息子はお世辞にも運動能力が高いとは言えません。

というか、低い方です。確実に。

我が子を卑下しているように思われるかもしれませんが、そうではありません。

しょうがないんです。

私がそうなので(笑)

走るのが速いわけでも、身体能力が高いわけでもありません。

ジャンプ力もありません(苦笑)

そんな私の遺伝子を受け継いでいるわけですから、しょうがない。

でも、それでも…

彼は1バウンドリフティングが1ヶ月ちょっとでそれまでの100倍の回数を出来るようになったのです。

理由はたった1つ。

毎日継続してやったから。

日々の練習で「昨日よりも1回でも多く!」という目標で練習し、

その中で小さな小さな自信を積み重ね、

あるタイミングで一気にブレイクスルーが起きて、

いきなり100回を超えるようになった…

そういう感じです。

小学1年生ですから…

1バウンドさせずに、普通にリフティングして100回超える子も沢山います。

動画サイトでも「まじか!!」と笑えるほど上手い小学1年生もや5歳児もいます。

でも、良いんです。

そんなん、一人一人の身体能力の違いもあれば、

成長のタイミングの違いだってありますから。


ただ、大切なのは…

努力を継続し、それが確実に成長につながるということを知ること。

出来るようになるまでやれば、絶対に出来るようになるということ。

この2つだと思います。



これは昨日面談した子に限った話ではありません。

出来るようになるまで、

諦めずに、

継続する。

繰り返す。

その時に、自分なりに頑張った…

という形が見えない、超抽象的な感覚ではなく、

小さくても良いので確かな前進を、結果を得ながら進んでいく。


それを念頭に置いて頑張って欲しいと思います。



努力は決して嘘をつかない



これは本当ですから…

おはようございます。

昨日、中学部で通塾した生徒には伝えましたが、

お休みの生徒もいましたし、小学部生も帰宅後でしたのでここで改めて。

実は昨日、通塾中の塾生が自動車との接触事故に巻き込まれました。

大きな怪我もありましたし、

本人には怪我によるショックもあるでしょう。

私もその事故現場を見て、その場にいる彼女を見て、正直最初は焦りました。

それでも…

事故の状況から考えれば「不幸中の幸い」と言えるものだったと思います。

ただ、

本当に運が悪ければ…

それを考えた時に私はゾッとしました。

命があって良かった。

処置を受けて(一応は)元気そうな顔を見れて良かった。

そして、

親御さんとこうして普通に話ができる状況で良かった。

心からそう思いました。


そこで、改めて塾生には昨日伝えました。

通塾中だからじゃない。

部活に向かう時、遊びに行く時、どんな時でも細心の注意を払って自転車に乗りましょう。

歩きましょう。

国内では毎日約2000件の交通事故が起きているそうです。

その2000件、全て、例外なく、誰もが故意ではないのです。

自分は大丈夫。

私自身も含めて、そう思ってはいけないと思い、

昨日の授業後のMTでは講師陣にも同様の話をしました。

私も、佐久間も、運転する先生は車だからいいではない。

自動車を運転する以上、車にも自転車にも歩行者にも…

細心の注意を払って運転しなければなりません。


キャンパス生の皆さん。

「注意して」と言われてもピンと来ないかもしれませんが…

①前を見て運転して下さい。歩いて下さい。友達を横を見ながら、話ながら自転車を運転するのは止めましょう。とにかく前を見て下さい。スマホを見ながら歩くのは絶対にやめて下さい。毎日帰宅時の送り出しや登塾時の迎え入れでも、前を見ないで運転している子、歩いている子がかなりいます。前を見て下さい。

②止まれの標識では絶対に止まって下さい。昨日もそうですが、自分は気を付けていても相手が前を見ていない、標識に気づいていないということは往々にしてあります。それが高齢者であれば、やはり危険察知能力や反応速度も低下しています。とにかく一時停止の場所では止まることを徹底して下さい。

③急ぎ過ぎないで下さい。部活でも塾でも学校でも、急ぎ過ぎで事故に遭うくらいなら、連絡を貰って遅刻してもらった方が1万倍良いです。急ぎ過ぎないで下さい。と同時に、急がなくて済むように、時間に余裕をもって準備・行動をして下さい。

最低限、この3つは必ず常に頭に入れておいて欲しいと思います。


そして、みんなには…

君のことを愛してやまない、

君のことを自分のことより大切に、大事に考えている親御さんがいるということを忘れないで下さい。

私もそうします。

幸い私の両親はまだ健在ですが、

そんな両親を悲しませるわけにはいきません。

保護者様方…

キャンパス生の皆様は良識ある方ばかりですので大丈夫かと思いますが、

それでも…

やはり事故は故意に起こすものではありません。

ちょっとした不注意、

ちょっとした気の緩み…

それが事故に繋がる可能性があるのだと思います。

皆さんには、皆さんを誰よりも頼りにしているお子様がいらっしゃいます。

そんな愛するわが子を悲しませないように、

自分が誰かを傷つけてしまったり、

その家族に深い悲しみを与えることが無いように、

安全運転を心がけましょう。

私もそうします。



以上、私自身の自戒も込め、キャンパス生にも本当に注意して欲しいと思い書きました。

そして…

そんな記事を書いている最中に、自転車で転んだと膝をすりむいて登塾した小学生がいます(-_-;)

キャンパス生、上段抜きで自転車で転ぶ子が多いんです。

皆さん、気を付けて下さいね。




ということで、

今日は附属中定期テスト前日です。

昨日までの実践問題を踏まえて、テスト前日を充実したものに出来るように最善を尽くしましょう。

頑張れ、キャンパス生!
1 / 867 ページ
スマートフォン解析